ストレス性疾患はここ数年、うなぎ登りに増えています。ストレスは身体が感受する不安感とみることができ、副腎髄質から出るポルモンであるエピネフリンやアドレナリンなどの生化学的変化、心拍数や血圧などの生理的変化、不安感、恐怖感、緊張などの心理的変化を伴います。ストレスが関係した疾患は動悸、心臓発作、偏頭痛、潰瘍、大腸炎、糖尿病、腰痛、皮膚炎、アレルギー、風邪、せき、ぜんそく、不眠症、うつ、集中力の低下、依存症、極度の怒り、早期の老化など枚挙にいとまがありません。