アーユルヴェーダは、皮膚は6層から成っていると考えています。その層は体の表面だけにあるのではなく、体の深いレベルにまで達しています。皮膚病は体の表面だけの疾患ではなく、脂肪、筋肉、血液などの体内組織に根本原因があるのです。皮膚病に対する一般的な対処方法は外用薬を塗ることですが、それだけでは皮膚の深い層に届きません。そのため完治がむずかしく、再発を繰り返すことになります。食品に添加されている化学物質も皮膚病を複雑なものにしています。ストレスも皮膚病の一因と考えられています。