アーユルヴェーダの代表的古典教科書である『チャラカ・サンヒター』はこう記述しています。「食べ物は命である。正しく食べれば若さと長寿を約束するが、間違った食べ方をすれば体内に毒素をつくり、いずれ死をもたらす。」 アーユルヴェーダは、多くの病気の根本原因は間違った食事と生活スタイルにあると考えています。病気を患っている人が健康を取り戻したり、健康な人がいつまでも元気でいるためには、その人の体質に適した食事や生活スタイルを大切にしなければなりません。