cancer.jpg

従来のがん治療は副作用を伴います。それに対してアーユルヴェーダのトリートメントは副作用を伴いません。アーユルヴェーダ療法の特徴は免疫系を回復させることにあります。がんそのものの治療とともに、末期においてQOLを改善する効果がみらえることは、アーユルヴェーダの潜在性を物語っています。アーユルヴェーダ医師、がん専門医、外科医、薬学専門家が一丸となってがんを撲滅できるようになる日はそう遠くないでしょう。