今年は各地で6月から猛暑が始まっています。水不足も心配されており、真夏になったらどれほどの酷暑になるか気になります。しかも節電が求められている折、クーラーの設定温度を思いっきり下げるわけにはいきません。仮にクーラーで室温を過剰に涼しくしたら、体調を崩しかねません。夏の暑さは体に過剰な熱を溜め、脱水、多汗、湿疹、日焼け、吹き出物、下痢、いらつき、短気、だるさなどをもたらします。