アーユルヴェーダは単なる医療体系ではありません。古代のヴェーダ哲学に基礎をおくアーユルヴェーダは、魂が体、心、五感をとおしていかに自己の意識を顕在化するのか、そして人間はこの状態においていかに卓越できるのかを総合的に説明しているヒーリング科学です。「健康でなければ成功や幸福を得られない」と『チャラカ・サンヒター』では述べられています。アーユルヴェーダは、健康はスピリチュアリティーの最終目的であるモクシャ(解脱)に到達するための前提条件の一つと考えています。