世界のほとんどの宗教は女性を崇めています。インドの古代の宗教書『マヌ法典』も社会における女性の重要性を謳っています。アーユルヴェーダは女性について、社会を支える脊柱と表しています。女性は創造し、子供を育てる者として崇められ、「女性は全人類の体と心とスピリチュアルな幸福の最大の貢献者」と考えられています。女性とアーユルヴェーダには驚くべき類似点があります。