冬には真っ白なカリフラワーが出回ります。アーユルヴェーダではキャベツ類(キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー)はヴァータを増やすとされており、ヴァータ体質あるいはヴァータが増悪している人には適さない野菜と考えられています。しかしこうしたアブラナ科の野菜はビタミンやミネラルが多く、がんを抑制する効果も高いので、まったく食べないのはもったいないです。ヴァータのバランスをとるレシピで食べましょう。ヴァータを鎮めるアボカドと組み合わせるとヴァータのバランスをとることができます。はちみつを加えることで甘味が増し、ヴァータを鎮静化します。このサラダは心も落ち着けます。