ヴェーダ哲学によると、人間の人生の目的は、ダルマ(社会的な義務を果たすとともに精神的・宗教的な教えを学び実践すること)、アルタ(義務として仕事をし、富を得ること)、カーマ(節度ある態度で感覚器官を満足させること)、モクシャ(解脱)の4つにあると考えられています。4つの人生の目的を達成しようにも、健康でなければ元も子もありません。そのためにアーユルヴェーダがあります。