怒りは自分に対して辟易とさせ、自分を疲れさせます。それがわかっているのに、コントロールできないのが怒りという感情です。不正義に対しては怒りを感じる必要があるかもしれませんが、あくまでもコントロールできる怒りでなければなりません。ジヴァ・アシュラムのDrサトヤナラヤナ・ダーサは、怒りのコントロール法を教えてくれています。