ブロッコリーはがんを抑えるスーパーフードです。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは疾病予防効果が高く、スルフォラファンが持つ「体を守る酵素群(Phase 2 enzyme)の生成促進作用」によるものであると考えられています。スルフォラファンが体内に取り込まれると、各細胞において体を防御する酵素の生成が促されます。それら酵素には、体内の活性酸素を除去したり、有害物質を無毒化し、体外に排出するなど様々な働きがあることが知られています。