インド政府はアーユルヴェーダとヨーガの世界普及に一生懸命です。ヨガはすでに世界に普及しています。インドから多くのヨーギーがアメリカに渡り、アメリカでいろいろなヨーガが発達し、それが世界各地に広まりました。そのため、ヨーガはアメリカから来たものと思っている人たちが増えました。

 それと比べるとアーユルヴェーダは世界普及の初期段階にあります。(すでにアーユルヴェーダをご存知の方、アーユルヴェーダにかかわっている方は、前世ですでにアーユルヴェーダに関係していたと言われます・・・だれが言っている?) 初期段階ではあるものの、アーユルヴェーダはゆっくりとながら世界に広まっています。アーユルヴェーダとヨーガはなぜ世界の人々を魅了するのでしょうか。

 

中医学も世界に普及していますが、中医学にかかわっている人は「病気を治療する人」と「病気を治療される人」に限られているような気がします。それに対して、アーユルヴェーダとヨーガは「病気を治療する人」と「病気を治療される人」だけでなく、健康な人にも広まっています。

 

どうしてでしょうか。

 

アーユルヴェーダもヨーガも、健康な一生を送るための方法であると同時に、幸福な一生を送るための方法なのです。ここが世界の人々を魅了する一因だと思います。健康であっても幸福でなければツライです。人生は健康であり幸福であってほしいものです。

 

では、幸福とはどういう状態?

大金持ちになること?

モテまくること?

カレと美味しい食事とワインを飲むこと?

 

 

それも愉しいことですが、大金持ちになったら、それを失うことを恐れるようになります。モテまくったら、モテなくなることを心配します。美味しい食事やワインはいつか飽きてしまいます。

 

幸福とは「心が穏やかな状態」とアーユルヴェーダは言います。アーユルヴェーダもヨーガもそんな幸福を実現させてくれます。だから現代の人々はアーユルヴェーダとヨーガに魅了されるのかもしれません。当校では1月期が始まりました。アーユルヴェーダにかかわる人がまた増えました。