コラム
1 / 1312345...10...最後 »

人は自分の意に沿わない事態が起きると、失意に陥ります。Dr.サトヤナラヤナ・ダーサは、期待に執着することが落胆を生むと言っています。Dr.サトヤナラヤナ・ダーサはその解決法を教えてくれます。

怒りは自分に対して辟易とさせ、自分を疲れさせます。それがわかっているのに、コントロールできないのが怒りという感情です。不正義に対しては怒りを感じる必要があるかもしれませんが、あくまでもコントロールできる怒りでなければなりません。ジヴァ・アシュラムのDrサトヤナラヤナ・ダーサは、怒りのコントロール法を教えてくれています。

アーユルヴェーダによると、体レベルの病気は胃から始まると言われています。あくまでも体レベルでの病気の表出のことです。病気の根本原因はいろいろあります。たとえばメンタルストレスが根本原因かもしれません。メンタルストレスが強まると、コルチゾールやノルアドレナリンなどのストレスホルモンが分泌されます。ストレスホルモンは交感神経を優位にします。交感神経がつねに興奮していると消化力が低下します。消化力が低下すると胃のなかに未消化物がたまり、それが毒素となって体の病気を引き起こします。体レベルの病気は胃から始まると言われる理由はそこにあります。


私達は人の行動から影響を受け、自分の幸福を阻んでいるものは他人だという考えに陥ります。しかし、人の行動が変化したとしても、人の行動によって自分を幸福にすることはできません。 Drサトヤナラヤナ・ダーサはヴェディック心理学の観点からそれを教えてくれています。


ジヴァ・インスティチュートのDr.サトヤナラヤナ・ダーサは「ジヴァ・ヴェーダ心理学」を提唱しています。ヴェーダ心理学とはどういうものでしょうか。現代に生きる私たちの悩みに解決策を与えてくれる心理学です。

アーユルヴェディック・カウンセラーをしていると、根深いトラウマに苦しむ人々にお会いすることがあります。

子育て中のしつけを含む親業についてはどの国の親も悩みを抱えています。日本では、昔は近所の人生達人が相談に乗ってくれましたが、地域社会が機能していない都会では相談に乗ってくれる人が少ないのが実状です。そんな悩める母親に対してDrサトヤナラヤナ・ダーサはヴェディック心理学の観点から答えています。

★Drサトヤナラヤナ・ダーサは7月に来日して、ドクター・パルタップとのジョイントで「体と心の浄化リトリート」を行います。また、ヴァータの智慧セミナーも開催します。http://www.jivajapan.jp/seminar/2335.html

 

7月に「スピリチュアル・アーユルヴェーダリトリートとヴェーダの智慧セミナー」のために来日するDr.サトヤナラヤナ・ダーサが、ヴェーダ心理学の観点から「嗜癖・依存症に関する質問」に答えています。以下はその抄訳です。

 

Dr.サトヤナラヤナ・ダーサはヴェーダ哲学者でありスピリチュアル・グルです。Dr.サトヤナラヤナ・ダーサの来日スケジュールはこちらです。http://www.jivajapan.jp/seminar/2335.html

ヴェーダ哲学によると、人間の人生の目的は、ダルマ(社会的な義務を果たすとともに精神的・宗教的な教えを学び実践すること)、アルタ(義務として仕事をし、富を得ること)、カーマ(節度ある態度で感覚器官を満足させること)、モクシャ(解脱)の4つにあると考えられています。4つの人生の目的を達成しようにも、健康でなければ元も子もありません。そのためにアーユルヴェーダがあります。

先日、インドに行ってきました。ジヴァ・ジャパンの本部であるジヴァ・アーユルヴェーダのマネジメントとのミーティングが主目的でしたが、アーユルヴェーダの施術を受ける時間を持つこともできました。今回はたった4日間の短いインド滞在でしたが、アーユルヴェーダの本質を感じる旅でもありました。

1 / 1312345...10...最後 »

ホーム > コラム

コラム一覧

コラムアーカイブ

体質診断 里美家の台所薬局  ジヴァナンダプログラム ママと赤ちゃんの講座 ジヴァ・アーユルヴェーダ季刊誌PARAMAYU 日本語+英語併合版購読 アーユルヴェーダヘルスケアinインド

ジヴァトリートメント サトヴィッククッキング

ジヴァブログ

メルマガ登録

ジヴァ・ジャパンのアーユルヴェーダスクール、サロン、セミナーについての最新情報を配信しております。

powered by まぐまぐ