コラム
22 / 22« 先頭...10...1819202122

歌舞伎を観にいきました。歌舞伎座の8月の午後の部の演目は「蘭平物狂」。歌舞伎は世話物あり、荒事あり、踊りありとバリュエーションは実に多彩。「蘭平物狂」は後半から派手な大立ち廻りとなり、まるで体操競技のような演目です。歌舞伎役者がはしごを登り、消防の出初式のようなさかさま・中ずり状態になると、会場中から拍手が起こり、「おぅー」という感嘆の声が聞こえてきました。すると劇場の室温が一挙に上昇しました。

いまや5人にひとりが罹るがん。1回の検査でがん細胞がないかどうかを調べられる高額がん検査にツアーが組まれているほど恐れられているがん。だれもががんと無縁ではありません。がん発生の理由については、なんらかの原因でDNAが傷つき、細胞増殖が無限に続くことによるものなどと言われています。そうであるならば、なぜDNAは傷つくのでしょう。がんは、それまで生きてきた生活の結果、つまり生活習慣病なのです。
アーユルヴェーダでは、悪性腫瘍はピッタまたはヴァータの増加による血液の汚れが原因と考えています。アーユルヴェーダが定義する体内組織(ダートゥ)は7つあり、血液の微細な部分(ラクタ・ダートゥ)もその一つなのですが、このラクタ・ダートゥが血液の汚れに関係していると考えています。ドーシャの増加によって汚れた血液は体内をめぐり、免疫力が低下した部位に付着します。結果、その部位における血液の機能が損なわれることになります。血液の重要な働きのひとつは酸素を運ぶことですが、それだけではありません。生命力というべきプラーナも運びます。汚れたラクタ・ダートゥが特定の部位に定着すると、そこの細胞に運ばれたプラーナも汚れます。そのため細胞分裂が異常を来たし、腫瘍に発達していくのです。数千年前のアーユルヴェーダの賢者達はがんという言葉こそ使わなかったものの、この仕組みを知っていました。

22 / 22« 先頭...10...1819202122

ホーム > コラム

コラム一覧

コラムアーカイブ

  体質診断 里美家の台所薬局 ジヴァナンダプログラム ママと赤ちゃんの講座 ジヴァ・アーユルヴェーダ季刊誌PARAMAYU 日本語+英語併合版購読 アーユルヴェーダヘルスケアinインド ジヴァトリートメント サトヴィッククッキング ジヴァブログ

メルマガ登録

ジヴァ・ジャパンのアーユルヴェーダスクール、サロン、セミナーについての最新情報を配信しております。

powered by まぐまぐ