セミナー
Shigoto.JPEG

あなたにとって働くとはどういう意味を持ちますか? 今、仕事で悩んでいる、転職を考えている、仕事を探している、起業を考えている、そんな皆さんと一緒に、自分にとっての天職とは何か、自分が生き生きと感じられる仕事、あるいは、生き生きと感じられる働き方など、改めて働くことについて探っていきましょう。また、外で働くだけでなく、母親業、家事も仕事であると考えています。

siro.jpg

セラピストとしてお客様に満足していただけるサービスをご提供しているでしょうか。単に決まった手技を行うだけでなく、お客様の状態にあわせて、より効果的なトリートメントを組み立てられるようになることが大切です。お客様の不調の原因を見極め、食事やライフスタイルの提案ができるようになれたら、お客様をヘルシーにハッピーにして差し上げることができるでしょう。

P3140045.JPG

アロマセラピーと中医学−ともに植物という自然の素晴らしい力を活用し、人間をホリスティック(全人的)にみて、全体のバランスを整えていきます。アーユルヴェーダと同じですね。このすばらしい力を皆さんの生活にも取り入れていただけたら、きっとより元気で快適な毎日を送って頂けるでしょう。毎回手作りコーナーも設けていますので、すぐに活かして頂けます。東洋と西洋の叡智の素晴らしいコンビネーションがもたらす元気を毎日の生活に取り入れて、今年はもっと快適に過ごしませんか?

P3140043.JPG

ガンの既往歴のあるクライアントに施術されたことはありますか?
その際にぜひ気をつけて頂きたいことがあります。それはリンパ浮腫の可能性があるかどうかを確認することです。リンパ浮腫とは乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの手術または放射線治療でリンパ管やリンパ節にダメージを受けた方に見られる特殊な浮腫です。

100228_150540.jpg

V↓ P↓ K↓
「じゃがいも」といえばマヨネーズを使ったポテトサラダを思い浮かべる方もいいと思います。なるべくならマヨネーズを使いたくないものです。砂糖を使い、カロリーも高い。じゃがいもはカファを減らす食材なのですから、カロリーの高い調味料を使うことによって効果を半減させるのはもったいないです。このホットサラダはそんな心配が無用なヘルシーサラダです。

46_1.jpg

横浜『がん哲学外来』主催の第一回シンポジウムが行われます。テーマは「がんと共存する街づくり」。
がん哲学外来は、樋野先生が大学病院で期間限定で行う、がん患者の方からお話をゆっくり伺う外来です。全国から予約が殺到し、NPOが立ち上がり、いまは各所で定期的に事前予約制で行われています。
カウンセリングする側、される側などではなく、カルテにも残さず、お茶を飲みながら、ゆっくりお話をうかがうそんな場です。
シンポジウムは、そのような外来について樋野医師独特のことばを直接聞くことができる機会です。
がん哲学外来についてはこちらをご覧ください。
http://www.gantetsugaku.org/index.html

img4.jpg

都合により5月1日から予定していました山中湖宿泊セミナーがなくなり、代わりに下記のセミナーが開催されます。
■□ アーユルヴェーダでストレスに勝ち抜こう □■
ますます高速化し複雑化する現代社会はストレスのかたまりです。だれもがストレスと無縁ではありません。アーユルヴェーダは体と心をストレスから開放する方法を教えてくれます。心をいつも元気にする方法を学びましょう。ドクター・パルタップ・チョハンが提唱するジヴァナンダ・プログラムに触れるチャンスです。
日時:5月1日(土) 午後1時半時−午後4時半  受講料 7,000円
会場: ジャパン・アーユルヴェーダ・グールークラ
(東京都世田谷区玉川田園調布2-7-18 セトル田園調布102号)044-430-5072
最寄駅:東急東横線 田園調布、自由が丘
地図はジヴァ・ジャパンのウェブサイトでご覧ください。
http://www.jivajapan.jp/school
■□ パンチャカルマ・ワークショップ □■
アーユルヴェーダ独特のオイルトリートメントを学びます。セラピストやセラピストをめざす方に貴重なワークショップです。どなたにでもご参加いただけるワークショップです。
日時:5月2日(日) 午前10時−午後5時  受講料 11,000円
会場: ジャパン・アーユルヴェーダ・グールークラ
(東京都世田谷区玉川田園調布2-7-18 セトル田園調布102号)044-430-5072
最寄駅:東急東横線 田園調布、自由が丘
地図はジヴァ・ジャパンのウェブサイトでご覧ください。http://www.jivajapan.jp/school

070430_154554.jpg

前回のネトラバスティー・ワークショップのご好評につき、再びネトラバスティのワークショップを行います。ネトラバスティとはアーユルヴェーダで用いられている目のトリートメント方法で、最近注目度が高まっています。目の疲れ、ドライアイ、目の下のたるみなどを防ぐことができます。
ギーの作り方や目のまわりの土手の作り方を学び、実際にネトラバスティを体験してみましょう。

mint_lassi.jpg

ソルティー・ミント・ラッシーは火の要素が支配するピッタ・ドーシャのバランスを整える効果があり、カファ・ドーシャのバランス改善にも効果があります。一方、質は冷性のため、ヴァータを増やす可能性があります。ヴァータ体質やヴァータが増えている人には、微量のヒングとクミンシードを加えるとよいでしょう。午後のドリンクです。
ミントの搾り汁は口臭を防ぎます。消化不良、下痢、発熱にも効果があります。

「アーユルヴェーダを生活に活かそう」公開講座

basil_1.jpg

アーユルヴェーダには健康で幸せな一生を送るための智恵が満載。アーユルヴェーダは限られた人のためのものではなく、すべての人のものです。ジヴァ・ジャパンはアーユルヴェーダのすぐれた知恵をみなさんの生活に取り入れていただくために、「アーユルヴェーダを生活に活かそう」公開講座を行っています。2010年1月から講座数が増え、さらに充実します。毎月第一土曜日と第四土曜日の午前10時からと午後1時からです(休講の場合もあり)。お気軽にご参加ください。


ホーム > セミナー