セミナー
21 / 21« 先頭...10...1718192021

■心のエネルギー ダンス/アート プロセス ワークショップ■
わん ステップ/ダンス びよんど 
動き、呼吸、声、リズム、ダンスを経験する

■セルフコーチング・セミナー■自分らしく生きるために 書店のビジネス啓発本棚にはコーチング関連の本が並び、企業研修でもコーチングがメジャーになってきました。コーチングとは質問型のコミュニケーションを使い、相手に取るべき行動を自ら選択してもらうという新しい方法です。自分が今後の進むべき方向に迷っているとき、第三者からこの道に進みなさいと言われるのではなく、自分のなかに内在している答えを自ら導き出す助けをするのがコーチングです。プロのコーチを雇うことも可能ですが、自分自身が自分のコーチになることができれば、どんなときでも自分が必要と感じたときに自分をサポートすることができます。人生や仕事において何か選択を迫られたとき、どうしたらいいかわからないとき、自分自身に問いかけながら、自分にとって最善の道を自分で見つけることができれば、どんなに素敵なことでしょう。このスキルを身につけることができれば、どんな状況に遭遇しても、恐れたりパニックに陥ったりすることがなくなり、余裕をもって自分の将来を見つめることができます。セルフコーチングセミナーでは自分にとって最善の道を自分で見つけていくための方法を学びます。

カールハインツ・ロッシュ(ドイツ在住、ユング派)
東京・目黒
<日時>2005年12月24日(土) 25日(日) 10:00〜17:00
2006年 1月 21日(土) 22日(日) 10:00〜17:00
<テーマ>「間(ま)」(連続した流れの中の2人以上、或いは2つ以上のものの間の自然な距離)と「皮膚下」。「触れる」、「触れて感じる」、「透明で薄い膜の保護してくれている皮膚」の「下」を探求します。
福岡・清星幼稚園 (西鉄大牟田線大橋駅)
<日時>2005年12月17日(土) 18日(日) 11:00〜17:30
    2006年 1 月14日(土) 15日(日) 11:00〜17:30
神奈川県・藤野芸術の家(新宿からJRで80分程)
<日時>2006年1月7日(祝)〜9日(日)宿泊型
イタリア南部の工房村を思わせる日本現代建築の建物は、豊かで美しい自然に囲まれています。この場所で自分の内側の声を聴きながら自然とのつながりを回復し、ゆっくりと他者との関係において自分自身を表現します。

テーマ:医療者の目から見た「がん」

ほあーガンサポートネットワークはがん患者さんのサポートを市中レベルで行なっています。
今回は祭日を利用して、各医療者がどのような目で「がん」を捉えているかを講演し、次に質疑応答形式で討論を予定しています。人数は限られていますが、多数の方々のご参加をお待ちしております。

カールハインツ・ロッシュ氏の
ボディムーブメント/アート ワークショップ
ドイツ出身のユング派セラピスト、カールハインツ・ロッシュ氏が、3月に13回目の来日をします。今回は、伊豆・いりあい村、東京・目黒、福岡・清星幼稚園、などで、ワークショップの開催を予定しています。自分のからだの声に耳を傾け、自然とのつながりも回復しながら自分自身を再発見していく濃密な時間―。あなたもこのプロセスに、参加なさいませんか。

ロンドンでホメオパシーに携わっている友人から興味深い話を聞きました。開発途上国の患者は比較的簡単に病気が治るのに対し、先進国の患者は治りが悪いというのです。生活が複雑な分、病気の背景にある要因も複雑だからです。先進国患者の治療にあたって自信をなくした代替医療プラクティショナーは、途上国の患者を診て自信を取り戻すのだそうです。生活が複雑な国に生きる私達は、それだけ心身も複雑な状態にあるということです。

21 / 21« 先頭...10...1718192021

ホーム > セミナー