タイトルの「Culinary Medicine」とは「料理による病気のケア」という意味です。医食同源ですね。アメリカでは医学部の学生が「Culinary Medicine」を学ぶ大学が増えてきているようです。医者は食事や栄養のことを習ってきませんでしたが、「病気のケアには食事が大事」という機運が強まっているようです。というわけで、「Culinary Medicine」という言葉を使ってみることにしました。さて・・・この飽食の時代に女性の栄養失調が広がっているそうです。


食べるものがないのではなく、食べるものが偏ったり、食べる時間がないことが要因です。東京丸の内で働く女性の多くは栄養失調に陥っているというデータがあります。仕事が忙しくて、ゆっくりランチをとる時間がない人とか、食べると眠くなるからランチは食べないと決めている人が多いのです。なかには夜にドカッと食べる人もいれば、夜も簡単な食事で済ませる人もいます。ヴァータが増えている人は、夕食も簡単に済ませる人が多いような気がします。ヴァータが多い人は十分な油分が必要ですが、昼食も夕食も油分とならないとエネルギー不足になり、便秘にもなりやすくなります。いずれにしても女性は栄養失調に注意しなければなりません。男性もですけど。

 
今日は栄養の宝庫であるキヌアを使った簡単なレシピをご紹介します。「スパイシーキヌア」です。キヌアは相当量のビタミンやミネラルを含んでいます。女性が不足しやすいカルシウム、亜鉛、鉄を多く含んでいます。ビタミンやミネラルは微量栄養素といい、体の機能維持に欠かせません。「スパイシーキヌア」を食べるたけでかなりのビタミンやミネラルを摂ることができます。

 
作り方は簡単。
お鍋にオリーブオイルを入れ、クミンシードとコリアンダーパウダーを入れます。
香りが出てきたら、洗ったキヌアを入れてざっくり混ぜ、キヌアの2倍の水を入れます。
塩を入れて炊きます。
炊きあがったら、コリアンダーの葉やほうれん草など緑の葉を加えます。
蒸して出来上がり。
朝ごはんならこれだけでOK.
夕食なら野菜料理やお豆腐料理と一緒に食べましょう。
ヴァータ、ピッタ、カファのどのドーシャにも適しています。

 
★「アーユルヴェーダ・ベーシックコース」通学制2018年7月-12月期受講生募中

アーユルヴェーダ・ベーシックコース

 
★「アーユルヴェーダ栄養学専門家コース」2018年7月-12月期受講生募集
http://www.jivajapan.jp/school/corse_3.html