先日、当校の卒業生がこんなメールをくれました。健康診断で歯をみてもったら、歯ぐきの状態が非常によいと褒められたそうです。この生徒さんはアーユルヴェーダのオイルうがいを毎日しているのだとか。その効果が出たのですねと連絡してくれました。


アーユルヴェーダのオイルうがいは世界的に知られるようになってきています。アーユルヴェーダはむかしからオイルうがいを提唱しています。オイルうがいは全身の健康にどうしていいのでしょうか。まずは口腔衛生に効果があります。虫歯や歯槽膿漏を予防します。ほうれい線も予防します。

 
歯周病も予防します。この歯周病菌は全身の病気の原因になることがわかっています。歯周病菌がゆるくなった歯ぐきから血管に入り、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、早産などを引き起こすのだそうです。なので全身の健康は口から始まるといっても過言ではありません。

 
さらに、頭部にはいろいろな神経が走っています。脳神経、視覚神経、聴覚神経、嗅覚神経など、大事な神経は頭部にあります。これらの神経をオイルで滋養するとヴァータが鎮まり、全身の健康が保たれます。神経のなかで最も長い迷走神経も頭部において枝のように伸びています。迷走神経は副交感神経と関係しているので、迷走神経の滋養は心を落ち着ける効果があります。

 
太白ごま油でオイルうがいをしましょう。やり方は簡単。朝食前にしましょう。
口腔カンジタ菌を持っている人はココナッツオイルがいいです。

 
★「アーユルヴェーダ・ベーシックコース」通学制2018年7月-12月期受講生募中
http://www.jivajapan.jp/school/corse_1.html

 
★「オイルトリートメント専門家養成コース」2018年7月-12月期受講生募集中
http://www.jivajapan.jp/school/corse_2.html