BSE(狂牛病)や鳥インフルエンザなど最近の食肉をめぐる一連の出来事はなんだかおかしいと思いませんか。食料品の供給システムが壊れ始めているのではないかという危惧を抱きませんか。


大量の食肉を安定供給するためには、効率のよく単位当たり生産量を増やさなければなりません。また消費者のニーズに応える必要もあります。お米と魚料理が中心だった日本人は、今でも甘味と柔らかさに食のおいしさを求めます。牛肉の場合、肉牛業者は肉の甘味と柔らかみを増すために脂肪をつける肥育をします。いかに早く肥満牛を育てるかが肥育経営の目的です。牧草などの粗飼料に加えて、高濃度飼料や魚粉などの特殊飼料を与え、運動量も制御します。アメリカ牛は成長促進ホルモンも投与されています。本来、牛が食べないはずの飼料を与えられ、運動量も抑制されるのですから、牛にとってはストレスです。
私達は肥満のストレス牛を食べているのです。ストレスのかかった脂肪を食べてストレスを感じないはずがありません。人工肥育されていない、自然に育った動物の肉を少量食べるのなら、自然の恵みとして力を与えてくれるでしょう。しかし、ストレスを与えられた肥満肉が力を与えてくれるでしょうか。ストレスをとりこめば、自分もストレスを感じるのです。肥育牛自身、自然に反した方法で育てられるため免疫力が低下し、ウィルスに感染しやすくなっているのではないでしょうか。
一方、経済効率を優先した肥育飼育がなければ、世界全体の消費者に食肉を供給できないではないかと反論される方もおられるでしょう。まさにそのとおりです。肥育牛がなければ牛肉を安く食べられなかったでしょう。自然育成は単位当たり生産量が少ないため、価格が高くなるのは当然です。ストレス源と知りつつ価格の安さをとるか、価格が若干高くてもストレスのないほうを選ぶかは、消費者の自由です。そして、食肉の摂取自体を最小限に控えるという自由選択肢があることもお忘れなく。大切なことは知性をもつことです。知性をサンスクリットでプラッギャーといいます。