アーユルヴェーダは、健康維持に大切なものは「スバリ、これだ!」と言っています。なんでしょう。3つあります。スバリ言いましょう。①食事、②睡眠、③性活動のコントロールです。


性活動のコントロールって?むやみやたらに快楽のためにセックスをしてはならないということです。現代人にとっては奇異に聞こえますね。「セックスは自由でしょ」と言いたくなります。アーユルヴェーダにおいては、性活動は健康な子づくりのためにあります。精子を無駄に放出してしまっては、元気な子供をつくれないと考えられています。シュクラダートゥは子づくりのためにだけあるのではなく、意志力や自己決定力を始め、シャクティ(力)を秘めています。無駄に性活動をすると、シャクティが弱まると考えられています。というわけで「性活動のコントロール」の意味をおわかりいただけましたか?

睡眠は脳のゴミを排出し、心を健全にします。

①食事、②睡眠、③性活動のコントロールのなかで最も大切なのは「食事」です。

どうして?

食べ物は体をつくり、心にも影響するからです。ダートゥをつくっているのは食べ物です。私たちは食べ物の重要性をなんとなく知りつつも、本気では理解していないようです。食べ物をカロリーや三大栄養素からしか見ていない人が多いことからも、本気では理解していないことが伺えます。しかし、食べ物はそれ以上のものなのですサトヴィックな食べ物、ラジャシックな食べ物、タマシックな食べ物は心の質を決定づけ、その人の人生をも変えてしまうかもしれない力を持っています。

当校の「アーユルヴェーダ栄養学専門家コース」では、そういうことを学びながらアーユルヴェディック料理を実践します。アーユルヴェディック料理はいま注目されている料理の概念です。アーユルヴェーダ栄養学専門家コースの受講には、ベーシックコースの受講が基本の要件となっていますが、大手他校さんでアーユルヴェーダの基礎を学ばれた方は、ベーシックコースの受講が免除される場合があります。

★「アーユルヴェーダ栄養学専門家コース」2018年7月-12月期受講生募集
http://www.jivajapan.jp/school/corse_3.html

★「アーユルヴェーダ・ベーシックコース」通学制2018年7月-12月期受講生募中
http://www.jivajapan.jp/school/corse_1.html