寒い季節に体も心も温まるレシピです。アーユルヴェーダでは、塩と牛乳を一緒にとってはいけないと言われています。このレシピでは牛乳の代わりに豆乳を使っています。コクを出すため味噌を使いました。

材料(2-3人分)

ソースの材料

豆乳

200㏄

全粒小麦粉

大さじ2

玉ねぎ

1/4個

みそ

小さじ2

ギー

大さじ2

適宜

黒コショウ

適宜

ガラムマサラ

小さじ1

野菜(葉物以外ならなんでも)

オリーブオイル

大さじ1

少々

少量

 

つくり方

【ソースの作り方】

  1. 鍋にギーを入れ、弱火でみじん切りにした玉ねぎを炒める。しんなりして透き通ってきたら小麦粉を加えて炒める。
  2. 豆乳を入れる。弱火で加熱し、とろみが出たらみそ、ガラムマサラ、黒コショウを加え、塩味が足りなければ塩を加えて味を整える。

 

【野菜】

  1. 葉物以外ならなんでもよい。甘味の根菜を加えたほうが美味しいです。さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、玉ねぎ、ズッキーニ、カラーピーマン(カプリカ)、いんげん、アスパラ、カリフラワー、ブロッコリーなど。ドーシャに合った野菜を選ぶ。
  2. 鍋に一口大に切った野菜を入れ、オリーブオイルと塩少量を加え、水も少量加えて蒸し煮する。蒸し煮すると甘味が増す。
  3. 耐熱容器に野菜を入れ、ソースをかける。オーブン(自動、グラタン)で焼く。

 

ピッタ体質の人はガラムマサラは不要です。カファ体質の人はみそは不要です。

アツアツを召し上がれ。