ホウレンソウスープは消化しやすく、消化不良や発熱、便秘を改善します。術後の回復は貧血にも適しています。カファを鎮めるため、減量にもプラス効果。

材料(4人分)

ほうれん草

1束

玉ねぎ(中サイズ)

1/4個

トマト

1個

小1(適宜)

ギー

小さじ1/2

オリーブオイル

小さじ1

ショウガ

小さじ2

クミンシード

小さじ1

コリアンダーパウダー

小さじ1

黒コショウ

適宜

豆乳

400㏄

 

作り方

  1. ほうれん草、玉ねぎ、トマトをざく切りして湯で8分間茹でる。
  2. ミキサーでペースト状にする。茹で汁は捨てる。
  3. 鍋にギーとオリーブオイルを入れ、おろしショウガ、クミン、コリアンダーを加え、さっと炒める。
  4. ほうれん草のペーストを入れて10分間煮る。
  5. 豆乳を入れて温め、塩と黒コショウで味を整える。美味しい!

 

このレシピはカファとヴァータを鎮めます。ホウレンソウは腸が張る可能性があるので、ショウガ、クミン、コリアンダーなのでスパイスを加えて鼓腸を防ぎましょう。

加熱したほうれん草はピッタを増やす一方、ヴァータとカファを落ち着かせる。造血作用があり、うっ血を解消する。ほうれん草は消化しにくく、未消化のほうれん草はガスと便秘の原因になる。スパイスを用いたスープは消化を促す。ほうれん草は胃腸を浄化し、それを再建する薬理作用があります。また、脳下垂体ホルモンの分泌を正常化して、内分泌全体のバランスを正常に保ちます。