V0   P↓   K↓

春はカファが増える季節です。自然はそのことを考えてくれていて、山では苦味の山菜が芽吹き、町の八百屋にも苦味の野菜が出回ります。春キャベツや新ごぼうや新じゃがが瑞々しく店頭を賑わせます。苦味の野菜は、冬の間に体内に蓄積したカファや脂肪を減らしてくれます。キャベツはスーパーフードです。そしてカファを減らしてくれます。春に摂りたい野菜です。ただ、ヴァータが多い人には向きません。キャベツ類は空気を含みパサパサしているので、ヴァータを増やすと考えられています。「でもスーパーフードのキャベツを食べたい!」というヴァータ体質の人にはキャベツを煮ることをおススメします。ヴァータを落ち着かせるスパイスを加えることによってヴァータのバランスを整えます。キャベツの炒め物よりしっとりして水分があるので、ヴァータを増悪されません。
ヴァータが多い人はオリーブオイルの代わりにギーを使ってもいいです。

(材料2人分)

キャベツ

3枚

玉ねぎ

1/4個

木綿豆腐(厚揚げ)

200g

小1/3

オリーブオイル

小さじ2

ショウガ

小さじ1

クミンシード

小さじ1/2

コリアンダーシード

小さじ1/2

ターメリックパウダー

小さじ1/3

黒コショウ

適宜

カップ1/2

 

  1. キャベツはざく切り。木綿豆腐または厚揚げは2.5センチ角くらいに切る。
  2. 鍋にオイルを入れスパイスを軽く炒める。
  3. キャベツと豆腐を入れてサッと炒め、水と塩を加える。塩の量はお好みで調節する。
  4. 10分くらい煮たらコショウをふってできあがり。