ヴァータ、カファを静める。

春、秋、冬

ビーツは「奇跡の野菜」と言われるほど健康効果があるスーパーフードです。含まれる栄養素はビタミンや鉄分、葉酸だけでなく、一酸化窒素も注目されています。一酸化窒素は血管の筋肉を柔らかくし、しなやかな血管をつくります。

材料(2人分)

ビーツ カップ1
にんじん 1本
玉ねぎ カップ2/3
セロリ 1/4本
クミンシード 小1/2
コリアンダーパウダー 小1
小1/2
ギー 小1
2.5カップ

 

作り方

  1. ビーツと人参は3ミリくらいの薄切りにする。玉ねぎはスライス。セロリも適当に切る。
  2. 鍋にギー小さじ1を入れ、クミンシードを加えて色ずくまで炒める。コリアンダーシードパウダーを加えて軽く炒める。
  3. 玉ねぎのスライスを入れて色づくまで炒める。
  4. ビーツ、人参、セロリを入れて炒め、水と塩を加える。30分あるいは野菜が柔らかくなるまで煮込む。
  5. ミキサーでグラインドする。
  6. 鍋に戻して温める。熱々のうちに召し上がれ。

 

【ビーツの健康効果】

1.        老化防止

2.        色素沈着の軽減

3.        乾燥肌の改善

4.        毛髪の成長促進

5.        肝臓機能の改善

6.        ヘモグロビンの増加

7.        炎症軽減

8.        ガン予防

9.        デトックス

10.スタミナ増強

11.認知症予防

12. 血圧をコントロール

13.関節炎の改善

14.貧血の改善

15.糖尿病をコントロール

16.動脈硬化を予防

17.フリーラジカルによるダメージ予防

18.体の浄化

ビーツも人参も温性であり、滋味豊かな根菜です。体にエネルギーを与えてくれます。ビーツは「食べる輸血」と言われるほど造血作用があり、人参は胃と腸を浄化してくれます。

ビーツと人参の温性は食べすぎるとピッタを増やしますが、冷性のスパイスやギーを使っているので、ピッタを増悪させることはないでしょう。量は控えたほうがいいです。