ブロッコリーはがんを抑えるスーパーフードです。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは疾病予防効果が高く、スルフォラファンが持つ「体を守る酵素群(Phase 2 enzyme)の生成促進作用」によるものであると考えられています。スルフォラファンが体内に取り込まれると、各細胞において体を防御する酵素の生成が促されます。それら酵素には、体内の活性酸素を除去したり、有害物質を無毒化し、体外に排出するなど様々な働きがあることが知られています。

材料(2人分)

ブロッコリー カップ1
セロリ 1/3本
じゃがいも(小) 1個
玉ねぎ(小) 1/2個
小1/3
しょうが 1片
コリアンダーパウダー 小さじ1
ターメリック 小さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
ギー 大さじ1
400cc
豆乳 200cc

 

作り方

  1. ブロッコリーを小房に分けて洗う。セロリとじゃがいもは一口大。玉ねぎは粗みじん切り。
  2. 鍋にオイルを入れて、ショウガのみじん切り、コリアンダーパウダー、ターメリックを炒める。
  3. 玉ねぎの粗みじん切りを炒める。
  4. ブロッコリー(4切れを別にしておく)と他の野菜を入れ炒める。
  5. 水と塩を加えて野菜が柔らかくなるまで弱火で煮る。
  6. ミキサーにかける。
  7. 鍋に戻して、分けておいたブロッコリー4切れを入れてサッと煮る。
  8. 豆乳を入れて弱火で温める。できあがり!

 

ブロッコリーはヴァータを増やす傾向があるので、ヴァータのバランスをとるためにコリアンダー、ターメリック、ショウガを使いました。コリアンダーはダシ代わりになるし、ドーシャのバランスを整えます。ターメリックは制がん作用で知られています。ショウガはヴァータのバランスをとり、炎症を抑える効果があります。