秋です。ヴァータの季節です。ヴァータの質は乾燥、冷性、軽性。乾燥して冷たい秋にはだれでもヴァータが増えます。ましてや、もともとヴァータ体質の人は、気をつけないとヴァータのバランスを崩します。


まずは白湯を十分に飲むことです。夫は正真正銘のヴァータ体質。数年前から秋になると耳鳴りが起きていました。もともと水を飲む量が少ないのですが、今年は夏から努力して水や白湯を十分に飲むようにした効果か、いまのところ耳鳴りは起きていません。ヴァータの乾燥性には水です。
さらに食べ物も大事です。ヴァータのバランスをとる食事は甘味のものです。甘味といっても砂糖のことではないですよ。甘味の穀物や甘味の野菜のことです。ヴァータのバランスをとる「バターナットスクァッシュとさつまいものスパイス炒め煮」をご紹介します。バターナットスクァッシュはカボチャの一種ですが、パンプキンとは異なるカボチャです。
1.バターナットスクァッシュとさつまいもを5ミリ程度の幅に切る。甘味を強くしたければバターナットスクァッシュとさつまいもを同量にします。
2.トマト1/2個をざく切り、玉ねぎ1/4はみじん切りにする。
3.フライパンにオリーブオリーブを入れ、クミンシード小さじ1/2、コリアンダーパウダー小さじ1/2、ターメリック小さじ1/4を炒める。ヒングがあればよい美味しくなります。
4.玉ねぎをよく炒める。バターナットスクァッシュとさつまいもを加えてさらに炒める。
5.トマトを加え、水をヒタヒタより若干少ない程度加える。
6.塩を適宜入れて中弱火で煮る。
7.水がなくなったら黒コショウを加えて味を調える。できあがり。
甘味とほのかな酸味はヴァータのバランスを整えます。これにスープを添えればバッチリ!
甘味は心を落ち着けるだけでなく、体内の水分を増やすと言われています。乾燥しやすいヴァータにベストな味です。ビタミンC、ビタミンE、カロテン、ポリフェノール、カリウムがたっぷり摂れる秋向けの美味しいレシピです。
お試しを!