うちの近所の食品スーパーは食料品店にしては比較的長い年始のお休みをとり、休みが終わって食品を買いに行くと、野菜がまだまだ少ない状態でした。ブロッコリーを買いたかったのですが店頭にはなく、ロマネスコカリフラワーのみ。普通のカリフラワーもなし。

 

我が家が普段食べているのはブロッコリーです。ブロッコリーはそれほどヴァータを乱さないというインドのアーユルヴェーダドクターの言うことを信じて、ブロッコリーを食べています。それにブロッコリーはスーパーフードだし。カリフラワーはたまにしか食べません。カリフラワーはヴァータを増やすからです。今回はほかに選択肢がなく、ロマネスコカリフラワーを買いました。

 

しかし、我が家には「ヴァータ人間」がいます。体の動きもヴァータだし、皮膚も乾燥しています。寒い季節には鼓膜がブルブルするそうです(耳鳴りの予兆です)。ヴァータ増悪です。(白湯を十分に飲むと鼓膜はブルブルしないそうです)夢も毎晩2本立てが3本立てだそうで、立派な「ヴァータ人間」です。

 

私も年末年始はヴァータが増えたようで、年始早々軽いギックリ腰になりました。重い物を持ったわけではなく、立っていてグキッとなりました。オイルでマッサージすると、オイルが吸収される、される。ヴァータが増えたのでギックリ腰になったのだと思います。そういうわけでカリフラワーを買ったものの、さてどういうレシピにするかです。

 

一番いいのはスープ仕立てですね。カリフラワーは空気の要素が多く、水分が少ないので、水分が多いレシピがヴァータの増加を防ぎます。 昨日はカリフラワーとおいもを炒めました。じゃがいももヴァータを増やします。なので、ジャガイモに加えて、さつまいもを使いました。(全部さつまいもにしてもよかったのですが、さつまいもは少ししかありませんでした)。さつまいもはヴァータを増やしません。

 

オイルはギーを使いました。ギーはヴァータとピッタのバランスをとります。スパイスは温性のものを使いました。ショウガ、マスタードシード、にんにく。我が家はめったににんにくを使いませんが、今回は私のぎっくり腰を考慮してセラピューティック(治療的)なスパイス使いとしました。ドクター・パルタップは日常の食事ににんにくを使うことを勧めず、治療として使うことはよい、としています。消化促進のためにクミンとコリアンダーは定番です。塩と黒コショウで味つけ。ギーをたっぷり使ったのでヴァータを増やす感じはしませんでした。

 

お正月に食べ過ぎてカファが増悪している人は、ギーの代わりにオリーブオイルを使い、さつまいもの代わりにジャガイモを使うといいでしょう。