トウモロコシの栄養はスゴイです。主成分はエネルギー源となる炭水化物ですが、ミネラルやビタミン類を多く含んでいます。炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働くビタミンB群をたくさん含んでいるのはうれしい点。ミネラル類も豊富。カリウムは100gあたり290mg含まれています。便を柔らかくする働きのあるマグネシウムも豊富。鉄分は白米の約8倍。造血に必要な成分である亜鉛や銅も含有しています。

 

Culinary Medicineとは「料理で病気を改善する」という意味です。
さて、私は北海道生まれなので、子供のころは夏になるとトウモロコシをたくさん食べました。北海道の人は採れたてのトウモロコシしか食べないし、北海道産以外のトウモロコシは美味しくないと信じていました。(今もそう思っているかどうはわかりません)しかもトウモロコシとは言わず、トウキビと呼びます。トウモロコシは少しよそよそしい感じがします。そんな「北海道産トウキビ愛」の土地で生まれたので、東京ではあまり積極的にトウモロコシを食べませんでした。しかし、今のトウモロコシは北海道産以外のものも美味しくなっています。
トウモロコシの栄養はスゴイのです。主成分はエネルギー源となる炭水化物ですが、ミネラルやビタミン類を多く含んでいます。炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝に働くビタミンB群をたくさん含んでいるのはうれしい点。ミネラル類も豊富。カリウムは100gあたり290mg含まれています。便を柔らかくする働きのあるマグネシウムも豊富。鉄分は白米の約8倍。造血に必要な成分である亜鉛や銅も含有しています。貧血気味の人はトウモロコシを食べましょう。
先日の我が家の夕食では「トウモロコシサラダ」をつくりました。
作り方はカンタン。トウモロコシを6分くらい茹で、フライパンに少量のオリーブオイルを入れてトウモロコシの表面に焼き色をつけます。その他の材料はなんでもいいです。色の濃い野菜を使いましょう。写真では、キュウリ、モロッコインゲン、イタリアントマト、赤パプリカ、コリアンダーの葉を使っています。ローストしたクミンシードを加え、ドライバジル、ドライオレガノ、塩、コショウ、レモンジュースで味付けをしました。
美味しかったですよ。
エネルギー源だし血液にもいいし、いいことずくめ。
ただし、トウモロコシはヴァータを増やすので、ヴァータ体質の人、ヴァータが増悪している人、ヴァータ性の疾患を持っている人

は少量にとどめてください。
★8月のアーユルヴェーダ・カウンセリングのご案内(8/11, 8/25)
http://www.jivajapan.jp/seminar/counseling201701.html

 

★マルマ整体・マルマハンドトリートメント体験会(9/1)
http://www.jivajapan.jp/seminar/seitaihand20180901.html