13 / 14« 先頭...1011121314

一晩豆を水につけ、翌朝水をすててふた付きの容器に入れて陽の当たるところにおいておきます。1日で芽が出てきます(冬はもっとかかりますが)。1.5センチくらいに伸びたら食べることができます。レモンをかけるとさらにおいしくなります。

穀物はヴァータとピッタを鎮めます。とくに油分が不足しやすいヴァータ体質にパスタはぴったりです。酸味はヴァータを鎮めます。梅しそ風味のスパゲッティーはヴァータを落ち着かせるレシピです。

このドリンクはヴァータを落ち着かせ、いらいらするピッタを鎮めます。ピッタが高まる夏にぴったりのドリンクです。

油で揚げるため、若干ラジャシックな性質をもつサトヴィック料理です。豆腐は重い食品ですが、しょうがをたっぷり入れることで消化を助けます。塩を多めに入れると味がしまります。

cooking050628.jpg

ソルティー・ミント・ラッシーはピッタのバランスを整え、カファもある程度鎮める効果があります。効能は冷性であるため、ヴァータを増やす可能性があります。冷性のよるヴァータ増加を防ぐため、ヒング(アサフォエディダ)、塩、クミンを加えました。午後にお勧めしたいドリンクです。

じゃがいもだけのシンプルなサモサをご紹介いたします。

春は苦味。蕗は春の代表的な山菜です。煮物や佃煮は良く知られていますが、ゴマ油の風味のきいた炒め物をご紹介します。
春はカファがたまりやすい季節です。水分の多い春は、水と地の性質をもつカファを刺激しやすいからです。カファを鎮める味は苦味と渋味です。自然は偉大です。ちゃんとカファを鎮める苦味の山菜を用意してくれていたのです。

大豆たんぱくと食物繊維をたくさん摂ることができるサトヴィック料理です。ただ、豆腐は若干重い食品なので、カファが強い人はおろし生姜とともにお召し上がりください。

炊きたての御飯の上にたっぷりのせて、お召し上がりください。もみ海苔の香りが食欲をそそります。ヴァータを落ち着かせます。

13 / 14« 先頭...1011121314

ホーム > サトヴィッククッキング

サトヴィッククッキング一覧

サトヴィッククッキングアーカイブ

体質診断 里美家の台所薬局  ジヴァナンダプログラム ママと赤ちゃんの講座 ジヴァ・アーユルヴェーダ季刊誌PARAMAYU 日本語+英語併合版購読 アーユルヴェーダヘルスケアinインド ジヴァトリートメント サトヴィッククッキング ジヴァブログ

メルマガ登録

ジヴァ・ジャパンのアーユルヴェーダスクール、サロン、セミナーについての最新情報を配信しております。

powered by まぐまぐ