2 / 1512345...10...最後 »

 

女性は更年期の年齢から急速にエストロゲンが減少していきます。更年期不調の予防のためにもエストロゲンが必要です。エストロゲンの減少は骨量の急激な低下や抜け毛につながります。大豆にはエストロゲンの働きに似たイソフラボンが豊富に含まれています。カルシウムやタンパク質も多く、積極的に摂りたい食品です。湯葉はこうした栄養素を効率よく摂ることができます。

 

このレシピはストレスを緩和し、気持ちをリラックスさせます。じゃがいもはヴァータを増やしますが、コリアンダーやスパイスでバランスをとっています。

 

タンパク質源というとお肉を思い浮かべます。あと魚とか。肉も魚も大きなタンパク質源ですが、消化力が強くなけれ消化されません。消化されないと、タンパク質として細胞に供給されません。肉は消化力の弱い人にはコスパが悪いということです。タンパク質=肉」と考えず、豆もタンパク質源のリストに加えましょう。

 

チロシンは大豆や乳製品にもたくさん含まれています。筍と厚揚げの煮物は心の落ち込みを軽減してくれます。ピッタとカファを減らし、ヴァータを増やします。

 

金沢のインドレストラン「るびな ばいざべい」のオーナー山崎由紀子さんから伺ったお料理をアレンジしてつくったレシピです。じゃがいもとフキノトウの意外な組みあわせ。春の香りがして美味しいです。

エカーダシに最適のレシピです。アマランサスは穀物に分類されていないので、エカーダシに食べることができます。エカーダシであってもなくても美味しいレシピです。


この料理は心臓と骨と腎臓の健康を保つレシピです。和食ですが、スパイスを使うことで消化力もアップ。ショウガにも骨を強化する作用があります。この料理はトリドーシックですが、ピッタが多い人はショウガの量を半分に減らしましょう。この美味しいレシピを食べることで心臓と腎臓と骨の健康を保ちましょう。

ブロッコリーはがんを抑えるスーパーフードです。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは疾病予防効果が高く、スルフォラファンが持つ「体を守る酵素群(Phase 2 enzyme)の生成促進作用」によるものであると考えられています。スルフォラファンが体内に取り込まれると、各細胞において体を防御する酵素の生成が促されます。それら酵素には、体内の活性酸素を除去したり、有害物質を無毒化し、体外に排出するなど様々な働きがあることが知られています。

このレシピは、ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダスクールのベーシックコースでランチを作ってくれている小澤一美さんのレシピを参考にしました。手軽で美味しいです。

シンプルだけど美味しいレシピです。ゴーヤは、その苦味が粘液と体内のガスを取り除く効果をもっています。特にカファ体質に効果があり、胃を軽くします。利尿作用もあります。食欲を促進し、消化を助けます。血液浄化作用もあります。ヴィールヤは温性だがピッタを鎮めます。

2 / 1512345...10...最後 »

ホーム > サトヴィッククッキング

サトヴィッククッキング一覧

サトヴィッククッキングアーカイブ

      体質診断 里美家の台所薬局 ジヴァナンダプログラム ジヴァ・アーユルヴェーダ季刊誌PARAMAYU 日本語+英語併合版購読 ジヴァトリートメント サトヴィッククッキング ジヴァブログ

メルマガ登録

ジヴァ・ジャパンのアーユルヴェーダスクール、サロン、セミナーについての最新情報を配信しております。

powered by まぐまぐ