Potato and carrot patty_1.jpg

イモ類は毎日食べたい食材です。人参も大切です。ベータカロチンが豊富で、更年期障害など女性がかかりやすい体の不具合を改善する効果に優れています。ただ、じゃがいもは粗い食感でぱさぱさしているので、ヴァータを増やします。この性質をカバーするために温性のマスタードシードを使いました。こうするとヴァータの増加を防ぐことができます。

材料

じゃがいも 4個
にんじん 1本
長ネギ 1/2本
マスタードシード 大さじ1/2
カレーパウダー 大さじ1/2
サンフラワーオイル 大さじ1
コリアンダーの葉 適宜
小1/2

作り方

作り方
1. じゃがいもを茹でる。その間に人参をすりおろす。
2. 鍋にオイルを入れ、マスタードシードを加える。弾いてきたら、すりおろした人参を入れて、若干水分が減るまで炒める。カレーパウダーと塩を加える。
3. 茹で上がったじゃがいもの皮をむき、つぶす。鍋につぶしたじゃがいも、長ネギのみじん切り、コリアンダーリーフのみじん切りを加え混ぜる。
4. このミックスを8等分し、薄くのばす。
5. フライパンで片面1-2分ずつ焼く。
じゃがいもはでんぷん、ビタミンC、ミネラルを多く含む。でんぷんはエネルギーのもと。ただ、あまり体を動かさない人はじゃがいも食べ過ぎると、糖尿病やドライスキンを招くこともある。じゃがいもは冷性、軽い、粗いという質をもっているため、ヴァータを高める。じゃがいもだけで食べるより、穀物、オイル、ギー、豆類、ミルクといっしょに食べるほうがよい。