ユニークながん治療に取り組んでいるイーハトーヴ・クリニックの萩原優院長と、北インドに本拠を置くジヴァ・アーユルヴェーダ、その日本代表であるジヴァ・ジャパンは、アーユルヴェーダに基づくがん治療で提携を結びました。

(ジヴァ・ジャパン(株式会社ヘルス・プロモーション)は厚生労働省がん対策推進企業アクションパートナー企業です)

「乳がん・子宮がんホリスティックがんプロジェクト」の詳細はこちらをご覧ください。 http://www.jivajapan.jp/cancer_project.html

「乳がん・子宮がんアーユルヴェーダプログラム」の内容につきまして、毎月第2木曜日に説明会を開催しています。 アーユルヴェーダは世界保健機関(WHO)も有用性を認めるインド発祥の伝統医療システムです。体を部位別に細分化する西洋医学に対して、人間を全人的にとらえるアーユルヴェーダは、今後求められる予防・治癒医療として世界的に注目されています。病気の根本原因を探り、生薬、食事、ライフスタイル、日々の過ごし方、季節の過ごし方、心のあり方、精神性など多方面から治癒を試みるのが特徴です。一人一人に合わせて治療方法を組み立てるカスタマイズ医療です。

【乳がん・子宮がんアーユルヴェーダプログラムの内容】

- 萩原院長による初診

- ジヴァ・アーユルヴェーダ医師によるコンサルテーション

- アーユルヴェーダ生薬処方

- カウンセリング

- Jivaによる再コンサルテーション

- 萩原院長による再診

- ヒプノセラピー(ご希望の方)

【定期説明会のご案内】

毎月第2木曜日にジヴァ・ジャパンにて「乳がん・子宮がんアーユルヴェーダプログラム」の説明会を開いています。説明会にてアーユルヴェーダがんプログラムをご理解いただきましてから、プログラムご参加となります。

【Dr.萩原優プロフィール】

イーハトーヴ・クリニック院長 医学博士。広島大学医学部卒業。聖マリアンナ医科大学第一外科にて消化器系外科医として30年以上に渡り3千件以上の手術にかかわり、内視鏡の診断や治療、緩和医療に従事。同大学講師、准教授を経て、外科部長に就任。退職後、イーハトーヴ・クリニック開業。医療における精神面を特に重要視し、統合医療を行っている。催眠療法を実践しつつ、その普及に努めている。

【Dr.パルタップ・チョハンプロフィール】

ジヴァ・アーユルヴェーダ・ダイレクター デリー大学アーユルヴェーダ学科卒業。同医師クリニックには年間約2万人が訪れ、アーユルヴェーダの治療を受けている。2007年、アーユルヴェーダの分野で目覚しい貢献をした人に贈られる「オールインディア・ダンヴァンタリ賞」を受賞。インド国内テレビ5局で健康相談番組を持っている。コールセンターでは一日5千件の健康相談電話に対応している。

【文分千恵プロフィール】

ジヴァ・ジャパン代表 ジヴァ・アーユルヴェーダ日本代表。アーユルヴェーダスクール主催。アーユルヴェーダ・エデュケーター。日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー。イーハトーヴクリニック」と提携して、がん患者さんとメンタル不調の方のための元気サロンを月2回オープンしている。