アーユルヴェーダ聖典の研究をされている加藤幸雄先生のご協力により「アーユルヴェーダ聖典チャラカ・サンヒターを読む会」を始めます。アーユルヴェーダの古典聖典を丁寧に読み込み、アーユルヴェーダの神髄やその背景にあるインド文化・思想を学ぶ会です。

アーユルヴェーダの古典医学書として2000年にわたって読み継がれてきた『チャラカ・サンヒター(チャラカ本集)』。『スシュルタ・サンヒター』と並ぶ二大アーユルヴェーダ聖典です。アーユルヴェーダ医学書はたくさんありますが、その代表的なものが『チャラカ・サンヒター』と『スシュルタ・サンヒター』です。

『チャラカ・サンヒター』は、北西インドの都タキシラを中心とするアートレーヤ学派の医学がまとめられたものです。アグニベーシャのテキストをチャラカが改編し、それに長年にわたって多数の人物の手が加えられたものであるとされています。実用的・専門的な医学書として2000年に渡って使われてきました。(ウィキペディア)

アーユルヴェーダにかかわっている人、アーユルヴェーダを学んでいる人にとってアーユルヴェーダ聖典を理解することは、アーユルヴェーダに関する仕事や日常生活により高い質を与えてくれます。

 

 

長年、アーユルヴェーダ聖典の研究をされている加藤幸雄先生のご協力により「アーユルヴェーダ聖典チャラカ・サンヒターを読む会」を始めます。アーユルヴェーダの古典聖典を丁寧に読み込み、アーユルヴェーダの神髄やその背景にあるインド文化・思想を学ぶ会です。

毎月1回のペースで開催します。インドの古典聖典を学ぶのに期限はありません。息長く「チャラカ・サンヒターを読む会」を続けていきたいと加藤幸雄先生ともども考えています。

チャラカ・サンヒターを一緒に読みたい方はどなたでも大歓迎です。日本語テキストを使用します。

 

 

■加藤幸雄先生

セラピストの教育やホテルや病院、スポーツクラブでのアーユルヴェーダ事業の教育と企画に関わるなど様々な分野で活躍中。鍼灸マッサージ師。アーユルヴェーダの古典聖典を読む活動を広めている。日本アーユルヴェーダ研究所理事。

日時:毎月第1水曜日 10時半-12時半
(都合により日程が変更される場合もあります)

場所:ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダスクール

ご参加料:3,500円(ご参加ごとにお支払いいただきます)