インドの著名アーユルヴェーダ臨床医ドクター・パルタップ・チョハンの来日セミナーおよび個人コンサルテーションが行われます。ドクター・パルタップは2018年末「インドのヘルスケア分野で最も傑出したリーダー賞」を受賞しました。ドクター・パルタップが率いるジヴァ・アーユルヴェーダは昨年「最も優れたアーユルヴェーダブランド賞」を受賞しました。ジヴァ・アーユルヴェーダはインド国内80カ所以上でアーユルヴェーダクリニックを展開し、インド最大のテレメディスンセンターを運営しています。2019年初、アーユルヴェディック・ウェルビーイングセンター「JIVAGRAM」をオープンしました。ドクター・パルタップはテレビ5局で健康番組をもっています。著名なアーユルヴェーダ医師によるセミナーとコンサルテーションをご体験ください。

<セミナー>

 

「アーユルヴェーダプロフェッショナルのためのカヤ・チキッツァ(Kaya Chikitsa)講座」が始まります。

医学としてのアーユルヴェーダは主に8部門あります。
• カヤ・チキッツァ:内科
• シャーラーキヤ・タントラ:鎖骨から上の専門科(耳、鼻、喉、目、口の病気)
• シャルヤ・タントラ:外科学
• アガド・タントラ:毒物学
• ブータ・ヴィディヤー:鬼神学(心理学に関係する病気や悪魔にとりつかれたような病気を扱う)
• カウマーラブルティヤ・タントラ:小児科学
• ラサーヤナ:強壮学(若返りの治療)
• ヴァージーカラーナ:強精学(性科学)

カヤ・チキッツァはさまざまな病気の診断と治療を扱う最も重要な部門です。「カヤ」はサンスクリット語で「体」を意味し、「チキッツァ」は「治療」を意味します。つまり、「カヤ・チキッツア」は体の治療と薬を意味します。ここでの「体」は単に身体的な体だけではなく、心、魂、感覚器官も含みます。

アーユルヴェーダで治療や薬というとき、単に体に対する治療や薬を指すのではありません。全ての治療や薬は、身体に対してと同様に、いかに心や魂を健康にするかということにも密接に関係しています。

病気の治療を行なうためには、まず、病理学つまり症状を理解することが重要です。また、より良い健康を維持するためには、食事や生活習慣についての知識も重要です。

 


2018年4月まで5回モジュールで開催した「身体疾患のアーユルヴェディック・マネジメント講座」もカヤ・チキッツアの一部でした。今回から始まる「アーユルヴェーダプロフェッショナルのためのカヤ・チキッツァ講座」も同様に5モジュールで構成されます。

1. メンタル疾患(2019年5月5日-6日)
2. 産婦人科疾患(2019年11月予定)
3. ラサーヤナ(若返り学)
4. ヴァージーカラーナ(強精学)
5. 骨格系疾患

5つのモジュールすべてを受講された方にはジヴァ・アーユルヴェーダから受講修了証が発行されます。

 

 

● アーユルヴェーダプロフェッショナルのためのカヤ・チキッツア(モジュール1)~メンタル疾患(5/5-5/6)

 

 

アーユルヴェーダで治療や薬というとき、単に身体に対する治療や薬を指すのではありません。全ての治療や薬は、体に対してと同様に、いかに心や魂を健康にするかということにも密接に関係しています。一見、体だけを対象にしているように思われる処方も、心や魂に強い影響力があります。人間の生命は心、体、魂、感覚器官が組み合わされたものです。健康についての定義の中では、心と魂と感覚器官が幸福であることの重要性が明確に言われています。健康をとりもどすために処方されたいかなる治療、ハーブ、食事や生活法も、体と共に心、魂、感覚器官のすべてに効果的でなければなりません。アーユルヴェーダの治療、薬、ハーブは心の健康にも効果があるのです。

厳しい競争を強いられるスピード社会はメンタル疾患の土壌をつくり出しています。企業においても心の病が増加傾向にあります。うつ病を経験したことがある人は100人に3~7人の割合でいるという調査結果もあります。WHOによると、日本の不安障害患者数は1千万人を超えると推定されています。このようにメンタル疾患は私たちの身近にある病気です。アーユルヴェーダはメンタル疾患に対して現代医学と異なる改善アプローチをしています。メンタル疾患・メンタル不調に悩む人にとって改善方法の選択肢が増えることは価値のあることです。

「アーユルヴェーダプロフェッショナルのためのカヤ・チキッツァ講座」の5つのモジュールすべてを受講された方にはジヴァ・アーユルヴェーダから受講修了証が発行されます。このテーマにご関心がある方はどなたでもご参加いただけます。

日時:5月5日-5月6日(日月祝日)10:00-16:00
受講料:2日間受講 38,500円(スクール生徒 35,000円)消費税込み。1日受講 21,200円(スクール生徒19,300円)

● 生活習慣病のアーユルヴェーダ改善法(5月2日)

 

病気には感染性疾患と非感染性疾患があります。非感染性疾患はウィルスや細菌などの感染によるものではなく、自分の内部から生まれる病気のことです。生活習慣病はその典型で、不規則な食生活や食べすぎ、運動不足などの生活習慣が原因で起こる病気の総称です。代表的な生活習慣病としては、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、糖尿病などがよく知られていますが、肥満やがんなども生活習慣病に含まれます。生活習慣病を放っておくと、脳梗塞や心筋梗塞、さらには突然死の引き金となります。たとえば日本における高血圧患者数は4300万人と推定されています。高血圧患者の多くは長年、降圧剤を服用しています。長期にわたって降圧剤を使用しているということは、血圧をクスリによってコントロールしているにすぎず、高血圧の根本改善になっていないということです。これに対してアーユルヴェーダは病態を根本から改善することを目指しています。この講座では生活習慣病に対するアーユルヴェーダの改善法を学びます。

日時:5月2日(木祝日)13:30-17:00
受講料:8,900円(スクール生徒 8,100円)

● 依存症のアーユルヴェーダ改善法 (5月3日)

 

アルコールや薬物、ギャンブル、ネット・スマホゲームなどを一度始めると自分の意思ではやめられない、毎回やめようと思っているのに気が付けばやり続けてしまう・・・それは「依存症」かもしれません。万引きも依存症と言われています。依存症を簡単に定義づけると「何かの習慣的な行動が、自分の生活や人生にダメージを与えているのに、意志の力ではやめられない状態のこと」とされています。一日中スマホを見続けるのも依存症かもしれません。病気とは定義されていないまでも、甘いものがやめられない、コーヒーを一日6-7杯も飲んでしまうというのも依存かもしれません。物や行為への依存によって脳の状態が変化し、自分で自分の欲求をコントロールできなくなってしまいます。その結果、自分や家族の健全な社会生活に悪影響を及ぼしかねません。アーユルヴェーダは依存症についてどう考え、どういう改善アプローチをするのかを学びます。

日時:5月3日(金祝日)13:30-17:00
受講料:8,900円(スクール生徒 8,100円)

 

<個人コンサルテーション>

 

健康に関してドクター・パータップの相談をお受けになりたい方はぜひお気軽にお申し込みください。期間は5月2日-5月6日です。5月4日は終日コンサルテーションをお受けする予定です。アーユルヴェーダ臨床医によるコンサルテーションは健康問題の解決に向けた大きな一歩となります。料金は12000円です。ジヴァ・ジャパンにお問合せください。
日時:5月2日ー5月6日

<会場>

 

ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダ・グールクラ
東京都目黒区平町1-27-4 カムラビル 4F(東急東横線 都立大学)044-430-5072

 

<ドクター・パルタップ・チョハン プロフィール>

 

ドクター・パルタップ・チョハンが率いるジヴァ・アーユルヴェーダ・クリニックはインド国内80カ所にアーユルヴェーダクリニックを展開。インド国内テレビ5局で健康相談番組を担当。テレメディスンセンターには200人のアーユルヴェーダ医師を擁し、一日5千件の健康相談電話に対応している。2012年、社会変革活動で世界的に知られているアメリカのNPO「アショカ」から永久フェローに認定される。