消化不良が続くと、アーマと呼ばれる体内毒素が蓄積します。病気をひき起こすアーマを溜めないためにも消化不良を改善したいものです。溜まってしまったアーマを取り除くためには断食が有効です。食べ物を体に与えなければ、アーマそのものが消化されるからです。体力があり脂肪分を十分に蓄えている人なら、2日間、完全断食しても大丈夫です(3日以上の断食は専門家のアドバイスが必要です)。また、くだもの、フルーツジュース、ゆで野菜だけの食事を1週間続ける方法も効果があります。この場合、くだものと野菜を同じ日に摂らず、くだものだけの日とゆで野菜だけの日を交互に設けてください。ハーブティーはいつでも飲むことができます。

消化不良改善のためのホームレメディー

・ぬるま湯にレモン汁を絞り、1日3回飲む。
・約1グラムの生ショウガに塩をまぶし、各食事の5分前に噛む。噛んでショウガ汁を出すため、すぐに飲み込まない。
・昼食後のバターミルクは消化を促進する。から煎りしたクミンシードと塩を適宜加えるとなおよい。バターミルクのつくり方は下記を参照してください。
・ソーダ水はおなかのガス、張り、胸焼けに即効性がある。
・食後にアニスシード3グラムを食べる。

食事療法

消化不良には軽く、消化しやすい食事を摂ることです。ゆで野菜、くだもの、フルーツジュース、レモンジュースなどを食事の中心にしてください。クミン、コリアンダー、ターメリック、ショウガ、黒コショウ、ヒングなどのハーブも消化不良を改善します。胃のなかの物が完全に消化されてから次の食事をするようにしてください。
日常生活・運動−昼寝は禁物です。夜更かしも避けてください。メンタルストレス、心配事、悲しみ、恐れなども消化不良を引き起こします。そうした心の問題を解消することが先決です。運動も大切です。