アーユルヴェーダを仕事に活かす

アーユルヴェーダで広がる様々な活躍の場

Jiva Japan Ayureveda Gurukura(「ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダ・グールクラ」以下JAGと称する)の卒業生は様々な場所で活躍の場を広げています。

セラピストとして

JAGでアーユルヴェーダを卒業した後は、セラピストとして活躍することが可能です。身近な食材やオイルを使ったホームレメディや、トリートメントが中心なので、自宅の一室から、手軽に・小資本で開業でき、セラピストとして活躍できます。

インストラクターとして

JAGはじめ、カルチャースクールのアーユルヴェーダ講師などで活躍することが可能です。アー日本では広く認知されていませんが、欧米ではアーユルヴェーダは予防医学として注目されているので、今後の日本の活躍の場が広がることが予想されます。

クリニックではたらく

アーユルヴェーダは心と体をデトックスし、免疫力を高めることができる予防医学として、産婦人科や、地域のクリニックで取り入れられており、カウンセリングと施術ができるアーユルヴェーダセラピストが求められています。

ホーム > 仕事に活かす