JAGはじめ、カルチャースクールのアーユルヴェーダ講師などで活躍することが可能です。アー日本では広く認知されていませんが、欧米ではアーユルヴェーダは予防医学として注目されているので、今後の日本の活躍の場が広がることが予想されます。