このレシピは、ジヴァ・ジャパン・アーユルヴェーダスクールのベーシックコースでランチを作ってくれている小澤一美さんのレシピを参考にしました。手軽で美味しいです。

材料

レンコン(スライス) カップ1
油揚げ 1/2枚
ガラムマサラ 小1/4
小1/4
オリーブオイル 大1
みりん 小さじ2

 

作り方

  1. レンコンを縦半分(大きければ3つ)に切り、横にむけて薄切りにする。デンプンを軽く洗い流す
  2. フライパンにオイルを入れ、中弱火でレンコンを炒める。
  3. 透明になってきたら、1.5cm角に切った油揚げを加え、さらに炒める。
  4. みりん、塩を入れて軽く炒め、ガラムマサラを加える。サッと混ぜて火を止める。

 

レンコンは食物繊維、ビタミン、ミネラルが多く、ビタミンCはレモンと同じくらいの含有量で、ビタミンB12、鉄分も豊富です。レンコンのアクの主成分はタンニン。収斂、止血、抗炎症作用があります。そのため、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の出血や鼻字に効果があります。切り口の糸はムチンで、タンパク質や脂肪の消化吸収を助けます。