“16時間断食中”は何を飲んで良い!?「OK飲料」と「NG飲料」を具体例つきで徹底解説!

 

こちらの記事では、16時間断食中の飲み物についての内容で、

  • 飲んで良いもの
  • ダメな(飲まない方が良い)もの

についてお伝えしていきます。

 

リーンゲインズや16時間断食をしていて、何を飲んで良いのかダメなのか悩んでいたり、特定の商品を飲んでるけど不安な人は、

ぜひ今回の記事を“最後まで見て参考”にしてもらえたらと思います。

豆乳やプロテインは!?『16時間断食中』の飲み物について

16時間断食していると、何を飲んで良いのか悩んだりすることがありますよね!?

今回はそんなお悩みを解決するための記事になっています。

 

ちなみに、16時間のプチ断食は、名前の通り1日の内16時間の断食をする方法で、

  • 女性なら12時間~14時間の断食
  • 男性なら14時間~16の断食時間

上記の時間を“目安”とし、残りの8時間~12時間の内に食事をする方法です。

 

その12時間~16時間の断食時間は断食なので食事をしない(固形物を摂らない)のと、

プチ断食の美容や健康、ダイエット効果をしっかり得るためにも、カロリーの入っている、

いわゆるエネルギー源になるような飲み物を飲まない方が良いと言う方法です。

 

で、ここで頭に浮かび上がってくるのが……、

「食事は禁止として、エネルギー源にならない飲み物って、何なのか??」

と……、

「いったい、何を飲んでいいのか?何を飲んだらダメなのか?」

と、いろいろ気になってくると思います。

コーヒー…豆乳…プロテイン……昔は飲み物についてたくさん悩みました。

ワタシ自身、16時間のプチ断食をやり始めた時は、何を飲んで良いのか、何を飲んだら駄目なのか?と、凄く悩んだ経験があります。

 

  • ゼロコーラなどのゼロカロリー飲料や、カロリーオフの飲み物なら良いんじゃないのか!?
  • ファスティングでコーヒーはNGやけど、プチ断食では飲んでいいのか!?
  • オーツミルクや豆乳は飲んでいいのか!?
  • 砂糖を少し入れるのはどうなのか!?
  • プロテインは飲んでいいのか!?
  • コーヒーや紅茶は!?

などなど……

 

やり始めた頃は色々悩んだ事があるので、経験談を交えながら、理論も含めて解説していきます。

16時間断食中の“OK飲料”と“NG飲料”の判断基準と具体例

基本的な判断基準としては、16時間のプチ断食の効果を生かすためにも、

断食時間中は食事と同じように、エネルギー源になるもの、カロリーのある飲み物は、摂取しない方が良いことになります。

 

と言うことは、

逆を言えばエネルギー源にならない飲み物は飲んでもOK!と言うことです。

 

なので、飲んで良いのは、

  • エネルギー源にならない、カロリーのない飲み物
  • 血糖値の上げない、インスリンがでにくい飲み物

というのが、基本的な判断基準になります。

※16時間断食の“目的”や“飲む量”などにより多少異なりますが、基本的な目安は上記のような感じです。

『OK』16時間断食中に“飲んでも良い”飲み物の具体例

では、具体的にどんなものが挙げられるのか?

それを簡単にお伝えしていきます。

 

これは普段の生活でよく飲まれるものの中の具体的な一例ですが、

  • 無糖の炭酸水
  • 緑茶や麦茶などのお茶類
  • ノンシュガーの紅茶
  • ブラックコーヒー(無糖)
  • ハーブティー(無糖)

上記のような飲み物はお分かりの通り、カロリーもほとんどないため、16時間のプチ断食中でも飲んでOKです。

『NG』16時間断食中の“飲んだらダメ”な(飲まないほうが良い)飲み物の具体例

では、飲んだらいけない飲み物は、これ以外の“甘い飲み物”や“カロリーとなる飲み物”が良くない事になります。

 

具体的には…、

  • コーラやサイダーなどの甘い炭酸ジュース
  • スポーツドリンク
  • フルーツジュース
  • ミルクや砂糖の入ったコーヒーやお茶類
  • 牛乳
  • 豆乳
  • アルコール類
  • オーツミルクやアーモンドミルク

上記のような飲み物は、基本的にはNGで、飲まな方が16時間断食の健康効果やダイエット効果は高くなります。

※極端に少ない量の話ではなく、普通にコップ1杯と過程しています。

16時間断食中の飲み物で、判断がつけにくいもの

以前、ゼロカロリー飲料についてはお伝えしたのですが、

ゼロカロリー飲料はエネルギーにはならないと言われているんですが、個人的にはやめておいた方が良いと思います。

 

そして、プロテインやBCAAですが、これはインスリンが分泌されてしまい、エネルギーにもなってしまうので基本的にはNGなのですが、使い方次第では活用できるので、判断がつけにくいところです。

 

16時間断食中にプロテインを飲むオススメのタイミング↓

関連記事

いきなりですが…… 16時間断食をしていて、プロテインはいつ飲んだら良いのか!?   って悩んだ事ないですか?? そもそもプロテインは必要なの??……など。 今回はそんなお悩みを抱える人へ向けての内容[…]

16時間断食中のプロテイン

 

ゼロカロリー飲料やプロテイン、BCAAについては、記事の後半で深掘してお伝えしていきます。

 

ですので、少しまとめると、水や無糖の炭酸水、無糖のお茶類、ブラックコーヒー以外は、だいたいのものがNGです。

“水”は推奨!!コーヒーもOK!!「16時間断食中」に飲んで良い理由

水はお分かりの通り、エネルギーにはならないので飲んでも良いですし、むしろ積極的に飲むべき飲み物です。

 

他にも、カフェインか入っていようが、無糖のお茶類、無糖のコーヒー、無糖のハーブティーもエネルギー源にはならないため、飲んでOKです。

特に推奨するのが、お水や炭酸水で、体調に合わせて、コーヒーとハーブティーもオススメします。

 

ただし、カフェイン入りの飲み物の場合(特にコーヒー)は、

断食時間中は空腹状態でもあるので、胃への負担も考慮し、無難に2杯程度までにしてた方が懸命かと思います。

KEN
人によって違うのでなんとも言えませんが、カフェイン入りの飲料は、自分の状態と体質を考慮して取り入れてください。

糖類は禁止!?「16時間断食中」に“飲んではいけない”理由

簡単にですが、飲まない方が良い理論的な理由も含めて、具体的に1つひとつの飲み物を例にしてお伝えしていきます。

コーラやサイダーなどのジュース類&スポーツドリンクはNG

コーラやサイダーなどの甘いジュース類には、

果糖ぶどう糖液糖、ぶどう糖果糖液糖、砂糖などの糖分によってインスリンが分泌されてしまうため、NGとなります。

KEN
もちろん、スポーツドリンクも砂糖入ってるんでダメです!

断食中のフルーツジュースもNG

フルーツジュースであれば自然のものだし、天然の甘みなら良いでしょう?

と思われるかもしれませんが、これも同じく果糖がたくさん含まれているため、

インスリンも分泌されてエネルギーにもなるのでNGです。

ファスティングではない16時間断食で酵素ドリンクはNG!!

ファスティング(完全な断食)なら、酵素ファスティングとして酵素ドリンクが推奨されているし飲んで良いと思うかもしれませんが、

『ファスティング(完全な断食)』と『16時間断食』はやり方が変わってくるため、

“16時間断食”ではNG!です。

 

酵素ドリンクは様々な野草や果物に糖をかけて発酵させてたもので、飲むとエネルギーにもなるためNGです。

乳糖が含まれている「牛乳」はNG!!
“豆乳”ならOK!?

他にも、牛乳や豆乳はどうでしょうか?

牛乳はそんなに甘くないし、飲めると思うかもしれませんが、牛乳には乳糖が入っているのでオススメしません。

乳糖は小腸でラクターゼという酵素により、グルコースやガラクトースと言った、エネルギーとなる糖質に分解されるため、

糖質摂取しているのと同様にエネルギーになるので、基本的には牛乳もNGです。

乳糖の入ってない豆乳は!?

続けて豆乳ですが、豆乳には乳糖は入っていませんが、少量ながらも糖質が含まれています。

豆乳は大豆から作られているので、タンパク質もしっかり入っててエネルギーにもなりますし、断食のオートファジー効果を弱めてしまうため、

基本的には豆乳もあまりオススメしません。

KEN
どんどん飲むものがなくなってしましたね……。笑

“アーモンドミルク”や“オーツミルク”ならOK!?

牛乳もダメ……

豆乳もダメ……

それなら、「オーツミルク」や「アーモンドミルク」なら!?って思うかもしれませんが、これも同じ理由でNGです。

KEN
メチャクチャ栄養価も高くて個人的にも好きなんですけど、糖分もたんぱく質も入ってるんで、豆乳と同じようにNG。できるだけ食事時間内で楽しみたいですね。

断食中のアルコールはNG!!焼酎は!?

アルコールはNG!!というのは何となく分かりそうですが、“焼酎なら糖質が入ってない”から良いのでは!?

と思う人がいるかもしれませんが、断食時間中の焼酎もダメです。

たとえ糖質が入っていなくても、基本的にアルコール類はカロリーが高めで、アルコールそのものがエネルギーとなるのでNGです。

KEN
糖質よりも真っ先にエネルギーとして使われるものだし、空腹で飲むと胃にも負担かかるから、断食中は控えた方が良いですね。もちろん、食事時間内であれば問題ありません。

 

こんな感じです。

エネルギーにならず、インスリンを分泌させない飲み物だけOK!と言うイメージで判断してもらえると分かりやすいですね。

 

ここで気になるのが、プロテインやBCAAと、ゼロカロリー飲料です。

断食中のゼロカロリー飲料はアウト!?セーフ!?

ゼロカロリー飲料に関してはインスリン分泌させるとか…させないとか……様々な文献がありますが、どっちにしても、基本的にはオススメしません。

 

ステビアなどの天然甘味料はインスリンを分泌させるからアウトなのですが、

スクラロースやサッカリン、アセスルファムカリウム等といった、人口的に作られた甘味料は、インスリンを分泌させず、血糖値を上げないとも言われていたりするのですが……

たとえインスリン分泌をさせないにしても、

飲むことで甘さを求めてしまい、食欲が高まるとも言われているうえに、

腸内環境を悪化させて、腸内を荒らしたり、糖の代謝を鈍くさせる事にも繋がるから、断食で良くした身体の働きをまた悪い流れにしてしまう可能性もあるので、

個人的にはゼロカロリー飲料はあんまり飲まない方が良いかと思います。

 

KEN
完全に断て!!と言う話ではなく、断食中は控えて、断食関係なくても、カロリーないからと言ってガバガバ飲むのではなく、少なめにしましょうと言うニュアンスです。

個人的には、断食の時間中、断食時間内では、絶対アウトで、娯楽としてたまに食事時間内に飲むくらいがベストです。

 

16時間断食中のゼロカロリー飲料と人工甘味料について↓

関連記事

こちらの記事では、プチ断食(16時間断食)中の“ゼロカロリー飲料”と、“人工甘味料”について、お伝えしていきます。 内容の詳細 “16時間断食中”のゼロカロリー飲料はNG!?OK!?『結論』 ゼロカロリー飲料とは? […]

プロテインやBCAAは飲んで良い!?

プロテインやBCAAですが…、

プロテインとBCAA等のアミノ酸サプリもしっかりとエネルギーになり、インスリンも分泌させますので、断食時間中はNG!!

って言いたいんですが……、

 

断食時間中にウエイトトレーニングや筋トレをガッツリするのであれば、飲むのを推奨します。

 

筋トレなどの激しい動作をするためにはエネルギーが必要になりますし、

せっかく運動するのに、エネルギー不足で運動効率が下がっていたら筋トレ効果も低下してしまいますよね?

プロテインやBCAAなどのアミノ酸サプリを飲むことでカタボリックの心配はなくなりますし、筋トレの効率や筋合成の効果も高まり、筋トレによるストレスの軽減にも繋がります。

なので、しっかりとした筋トレやウエイトトレーニングなどの無酸素運動をするのであれば、断食時間中でも、プロテインやBCAAを飲むのは全然有りです。

ただし、飲むなら断食時間明け前の運動前がベスト。

16時間断食であるなら、14時間か15時間くらい経過したあとにプロテインなどを飲み、運動開始……というイメージです。

『リーンゲインズ(16時間断食)中のBCAAやプロテインの正しい取り入れ方』の記事で詳しく書いてますので、是非参考にしてみてください。↓

関連記事

今回は間欠的断食の1つであるリーンゲインズの、「BCAAは必要性」について、個人的な意見も含めて書いていきます。 16時間のプチ断食やリーンゲインズに興味がある人や実践中の人は、BCAAの事がなんとなく理解できますので、ぜひ最後まで読[…]

 

断食中のプロテインやBCAAについて簡単にまとめると……、

ウエイトトレーニングなどの筋トレ、無酸素運動をしっかりするのであれば、タイミングを考慮して飲むのが効果的。

ですが、運動をあんまりせず、ウォーキング程度の軽い有酸素運動くらいであれば、飲まない方が良い。

こんな感じです。

『まとめ』16時間断食中の飲み物

今までゴチャゴチャ書いてきましたが、分かりやすく言えば、

  • インスリンを分泌させるものがNG!
  • インスリンを分泌させず、エネルギーにならない飲み物はOK!

例外もありますが、1言で伝えるなら上記のようなイメージです。

 

一般的な飲み物で言うなら、

お水や無糖の炭酸水は超オススメで、無糖のブラックコーヒーやハーブティーなども飲んでOK。

 

KEN
コーヒーなんかは飲み過ぎなければファットバーナーとして脂肪燃焼の手助けにもなるんで、コーヒーが合う人は断食時間中に1~2杯くらい飲むのはオススメです。

 

 

そして、例外はありますが、その他は基本的にアウトになるものが多いですね。

 

なので、16時間の断食時間中であれば、さきほど挙げた水や無糖のお茶類以外は、出来るだけ食事時間内に飲むようにしていきましょう。

水と炭酸水とコーヒー、これを使って断食時間を乗り切るようにしてみてください。

 

食事時間内では、カロリー量にさえ気を付けていれば、普通に飲食しても大丈夫なのですが、

“断食時間中だけ”は飲んで良いものとダメなものをある程度は区別する意識は必要です。

そうする事で、今までのやってきた努力も実りやすく、16時間のプチ断食効果が最大限に発揮されて、

痩せやすくなったり身体が整ってきたりして、効果が結果として表れてきやすいので、特にはじめの内は意識してやってもらえたらと思います。

【重要】断食中の飲み物でNGとは言ったけど……

最後に1言!!!

NG…

NG……

NG………

NG……!!!

と、たくさん言わせてもらったのですが、始めにも言った通り目的によって変わってきますし、

どうしても飲みたくてイライラしてストレス過多になってしまえば本末転倒になりねないので、

飲みたくてイライラして壁を蹴ってしまいたくなったり、人を殴ってしまいそうになっていたり……(それはないか……)

そんな場合はちゃんと飲んで下さい。

 

無理し過ぎは心と身体に良くないので、ご自身のできる範囲で調整しなが頑張っていきましょう。

 

もし食欲が湧いたり、カロリーのある物を飲みたくてイライラする場合は……、

とりあえず水や炭酸水を300~500ml一気に飲んで様子みてください。

それだけで食欲はある程度抑制され、飲みたい欲も抑えやすくなります。

 

それをして一旦落ち着かせてからも欲が引かないなら、飲みましょう!無理し過ぎずできる範囲で少しずっ。

KEN
最初の一歩は最小の一歩!!ゆっくりやっていきましょう!

 

もし分からない事があれば、ご自身の目的や状況なども含めて質問頂ければお力になれることがあるかもしれませんので、コメントしてみてくださいね。

一緒に頑張っていきましょう。