“間欠的断食”とは!?『16時間断食』『月曜断食』など…、プチ断食の種類をかんたん紹介☆

こちらの記事では、数ある間欠的断食(プチ断食)の種類についてご紹介していきます。

  • 月曜断食
  • リーンゲインズ
  • ウォーリアーダイエット
  • 日替わり断食/ADF
  • イートストップイート
  • 8時間ダイエット

たくさんあるプチ断食の種類と概要について、
簡単にご紹介していきます。

やり方もご紹介しているので、ダイエットしてる人や、プチ断食に興味のある人は、是非参考にしてみてくださいね。

最後は、個人的な感想も含めて、プチ断食を取り入れたダイエットについての考えもお伝えしています。

“間欠的断食”とは?『プチ断食』の種類、やり方をかんたん解説

まずは『間欠的断食』とは!?

と言うことについてですが、

間欠的断食=時間制限のある食事方法

と言う感じで、

  • “断続的断食”
  • “インターミッテントファスティング”
  • “IF”
  • プチ断食

などと呼ばれる事もありますが、全て同じ意味あいで、“食事をする時間に制限を設けて健康に役立てる方法”です。

そして、プチ断食と言ってもたくさんの種類があり、やり方や特徴は様々な違いがあるので、

今回はプチ断食の種類と、種類別のやり方を1つずつ分けて、概要にお伝えしていきます。

『月曜断食』難易度は高いけど痩せ効果バツグンの断食法

まずは月曜断食についてですが、これはもう、名前の通りで、月曜日に断食する方法です。

ただし……

それだけではなく、その他にも…

  • 朝は果物やヨーグルト
  • お昼はおかずのみ
  • 夜はスープ

 

土曜〜日曜は、自分の心が喜ぶもの、好きなものを食べていいが……、

食べる量としては、毎食、拳2つ分くらいまでの量…

と言う感じでやっていきます。

 

そして、月曜が来たらまた一日断食する……

そんなサイクルを繰り返すプチ断食方法です。

 

断食は月曜だけで、他の日は食事の調整があり、まぁまぁなプチ糖質制限感もあるので、

個人的な解釈では、難易度かなり高めです。

現代では激ムズ!?『ウォーリアーダイエット』とは?

そして、次にご紹介するのが、『ウォーリアーダイエット』

これは名前の通り、戦士のような食事方法で、
1日中戦ってばかりいる戦士は、昼間などは食べる時間もあまりないため、

夜だけは、ガッツリと好きなだけ食事をする!!

と言ったプチ断食方法です。

『ウォーリアーダイエット』のやり方

やり方としては、

1日のうちの“4時間だけを食事時間”にして、他の時間は断食。

シンプルですが、かんたんに言うなら、20時間間断食と言う感じですね。

これは継続が難しく、体感的にめかなりキツイかと思います。

ただし……、

断食時間は完全に食べないのではなく、

卵、乳製品、ナッツ、果物、ヨーグルト、などの栄養価が高く、添加物などの少ない健康的な食品なら、少しは摂っても良いと言う事もあるので、

断食はするが、しんどければ自然由来の健康的な食品を軽く食べて減食する!

KEN
こんな感じのやり方ですので、“減食加減”と、“何を食べるか?”を考えて行えば、やりやすいですね。

 

つまり、“断食&減食時間”が終わってから、残りの食事時間の4時間で、たくさん食べる断食方法が『ウォーリアーダイエット』

食事内容は、高タンパクで高脂質、自然由来の糖質!

細かいこともいろいろあるんで、これは凄く難しいかと思いますね。

さすがウォーリアー、戦士!!って感じです。

結構オススメ☆『5:2ダイエット』とは?

次は『5:2ダイエット』の紹介です。

これは、以前にブログでも書いていますが、この『5:2ダイエット』も『リーンゲインズ』と同じく、個人的には凄くオススメできます。

 

『5:2ダイエット』と言う名前の通り、

  • 週に5日は普通に食事をする日
  • 残りの2日は摂取カロリー量を“500~600kcalくらい”までにする

※500〜600kcalは目安で、個人の必要摂取カロリーの25%くらいの数値です。

基本的なやり方は時間制限だけですので、減量目的のダイエットとしては負担も少なめでかなり有効な方法かと思います。

KEN
この5:2ダイエットもやり易くてそこまで無理もないんで、初心者でも有りかなぁって思います。

超オススメ☆『リーンゲインズ』とは?

次は『リーンゲインズ』の紹介ですが、

リーンゲインズはこのブログやYou Tubeでもお馴染みで、“1日に16時間の断食時間と8時間の食事時間を設ける方法”です。

細かく言えば、そこにウエイトトレーニングを取り入れ、マクロ栄養素(タンパク質、脂質、糖質)の栄養バランスを調整します。

 

個人に合わせた栄養管理も入るため、少々難しく感じるかもしれませんが、身体には優しくて最強のプチ断食方法です。

これも過去記事ありますので、そちらも参考にしてみてください。

 

テレビやYou Tubeでも話題となった『16時間断食』

続いて『16時間断食』ですが、

『リーンゲインズ』の後にこの16時間断食を書かせてもらったのですが、16時間断食は名前の通り、

1日のうちに16時間の断食をして、残りの8時間の間に食事をする方法です。

 

『リーンゲインズ』と一緒!?

ってなりますが、メディアで取り上げられているやり方では微妙に違いまして……、

“リーンゲインズの簡単バージョン”と言った感じです。

 

栄養管理や運動は、16時間の断食に慣れてきてからでも良く、細かいことはそこまで意識せず、

とにかく、“1日の内に16時間断食をする”と言う、とてもシンプルな方法です。

 

これが慣れてきたら、リーンゲインズに移行……と言う感じで、簡易的なリーンゲインズと言った感じですね。

KEN
ダイエットや断食の初心者さんは、まずはこの『16時間断食』から入ってみて、身体を慣らしたり知識をつけたりすると良いですね。

断続的断食の基本!?『ADF/日替わり断食』とは?

次は、『日替わり断食』について紹介。

ADFとも言われますが…、

【Alternate-Day Diet/日替わり断食】

オルタネイトと言う意味は隔日って意味になりますので、名前が『日替わり断食』なのです。

 

これも名前の通りで、例えばですが、

夜の24時〜24時まで、まるまる1日間は断食し、
深夜はご飯を食べずに寝る時間なので、翌日のお昼12時間〜24時の12時間の間に食事をする。

と言う方法です。

 

分かりやすく言うと……、

2日間で36時間の断食して、残りの12時間はご飯を食べる。

って感じです。

 

これを繰り返していくんですが、この日替わり断食は、やはりリーンゲインズに比べると、結構キツイですが、

ファスティングとして、たまに取り入れてみるのはオススメです。

イートストップイート/eat stop eat

そして最後、『イートストップイート』について。

これも有名で、やり方としては…

1週間で5日~6日は普通に食べ、残りの1日~2日は完全断食をする方法です。

個人的には、5:2ダイエットのややキツイバージョン!!って感じですね。

『間欠的断食』プチ断食の種類とやり方のまとめ

こう見ると、プチ断食にも様々な種類とやり方がある事が分かってもらえたと思います。

どれをやってみるのかは、生活環境、個人のやり易さによりますが、

やはり一番オススメなのは、無理が少なくて継続しやすい『16時間断食』(リーンゲインズ)です。

 

他は、『5:2ダイエット』も個人的には好きでオススメですし、ファスティングとして、『イートストップイート』も有りかなぁ、とは思います。

 

簡単にお伝えしたんですが、1言でプチ断食と言ってもたくさんの種類とやり方があり、
その中でも16時間断食はかんたんで優秀だよ!!って事が、少しでも伝わったなら嬉しいです。

 

そして、昔8時間ダイエットと言うのが流行った事がありましたが、8時間ダイエットはリーンゲインズの簡単バージョン的な感じで、流行りの『16時間断食』と同じです。

これも過去に書いてますので、そちらも参考にしていただけると嬉しいです。

プチ断食のやり方、ルールを見て分かること…

そして最後にもう1つ、これは個人的な感想なんですが、

『月曜断食』と『ウォーリアーダイエット』は、

断食と言うか、どちらかと言うと“食事調整、食事制限”と言う感じもしますよね。

『月曜断食』も『ウォーリアーダイエット』も『リーンゲインズ』も、
なんだかんだ、食事内容もある程度整える事がルールに入ってきますし、

流行りの『16時間断食』の著者も、糖質の摂り過ぎなども言及していますので、美容や健康はもちろん、減量ダイエットに関しても、

ただ食事を抜くだけではなく、食事内容を調整する事は必須になるかと思います。

ですので、痩せるためのダイエットにしろ、自分の能力を高めるためにしても、
『プチ断食』をしていても、食事内容は健康的なもの、バランスがとれるようなものを選んで、

少しずつでも、色々と学びながら試行錯誤しながら、上手くプチ断食を取り入れて、目標に向かって頑張っていきましょうね。

 

以上、今回の記事が何かの参考になってもらえたら幸いです。