リーンゲインズ中に“プロテインを飲む”オススメのタイミングと必要性

『リーンゲインズ』は“高価なサプリメント”や“ダイエット器具”も、プチ断食だからと言って高価な“酵素ドリンク”も全く必要ありません!

とはいえ、“あった方がいいモノ”もあります。

 

それが『プロテイン』です。

なぜなら、プロテインはタンパク質サプリメントであり、

  • 筋肉量を増やす効果(男性なら筋肥大・女性なら引き締め)
  • 体脂肪を減らすダイエット効果
  • 美髪、美肌効果

などなど、、、

これらのたくさんの効果が得られるからです。

なにより、

  • 忙しくて食事内容に気を配れない時
  • リーンゲインズ(プチ断食)中の栄養(タンパク質)補助

などにかなり役立ちます。

【プチ断食】リーンゲインズ中にプロテインを飲む『お勧めのタイミング』

プチ断食 リーンゲインズ プロテイン

タンパク質に限らず、栄養は食事から摂取する方が望ましいですが、それが出来ずにタンパク質が不足してしまうこともあります。

 

現実問題として、

  • バタバタして食事を作ったり工夫する時間、メニューを考える時間がない
  • 時間があったとしてもタンパク質量が足りない食事内容になっていた
  • カロリー量は守るけど、たまには好きなものを食べたい

など、これらのようにタンパク質が足りない食事内容の時も現実問題としてあるかと思います。

 

しかし、そんな時でも代謝の向上やカタボリックを防ぐ作用のあるプロテインは、プチ断食やリーンゲインズでもかなり役立つものになります。

16時間の断食をするリーンゲインズで筋肉が落ちてしまう心配も防ぐことができますね。下記の記事も参考にしてみてください。した

関連記事

“リーンゲインズ”は、1日のうちに約16時間の断食時間を設けるため、 ファスティング同様カタボリック(筋肉を分解してしまう作用)が起こってしまうのではないか!? 脂肪と一緒に筋肉量まで減ってしまうんじゃないの!? そう[…]

 

ちなみに、増量中の場合は適切なタンパク質量をとろうと思ったらかなりの量になるので、プロテインは必需品になるかと、個人的には思います。

リーンゲインズダイエット(減量)中にプロテインが必要な理由

プロテイン

タンパク質は身体を構成する成分であり、生命活動に必要な酵素や神経伝達物質、内臓も全てタンパク質でできているため、

食事でタンパク質が不足しそうな時はプロテインによってタンパク質を補えるので一家に1つあってもいいくらいです。

 

プチ断食でも役立つプロテインの主な効果は、

  • 筋肉の修復や回復、成長などに関わり筋肉量をUPさせることができる(女性の場合は引き締められる)
  • 食欲が抑えられやすく、エネルギー効率も高まり代謝も上がり脂肪が燃焼されやすい
  • 髪の毛、爪や皮膚などをキレイにしてくれる

など、プロテインによるタンパク質の摂取をすれば、これ以上にたくさんの効果があるため、

16時間の断食をするリーンゲインズでは、増量時でも減量するダイエット時でも、オススメのサプリです。

 

特に、プチ断食の中でも『リーンゲインズ』は筋トレなどの運動も必須なので、リーンゲインズ中はプロテインを購入しておくのがオススメです。

 

リーンゲインズの詳しいやり方はこちら↓

関連記事

こちらの記事では、16時間断食の元祖である『リーンゲインズ』について徹底解説していきます。 “痩せるためのダイエット”や“バキバキのボディメイク”にも最適で、お金もかけず無駄のない究極の健康法が『リーンゲインズ』です。 […]

リーンゲインズ

16時間の断食明けに、忙しくて食事できない場合にも役立つ

『リーンゲインズ』や『8時間ダイエット』など、16時間の断食後に、忙しくて食事をする暇がなかなかない場合でも、

プロテインはパウダーを溶かしてサクッと飲むだけでタンパク質を補えるので、

忙しい時の食事の代用にもなるのはメリットの1つです。

食事ができない時などはエネルギー不足になり筋肉量を減少させることにも繋がってしまいますが、

プロテインの摂取は、

  • カタボリック(筋肉の減少)を防ぐ
  • 食欲も抑えられる

など、食事の代わりにエネルギーを得る事ができのは助かりますね♪

プロテインの摂取量(飲む量)はどのくらいがいいのか?

飲む量は目的によっても変わってきますが、

1日に必要なタンパク質量は、最低でも、

体重×1=◯◯g以上

少なくても!

これくらいのタンパク質量があった方が、健康増進のためにも、健康的なダイエットやボディメイクにも効果的です。
(例、60kgの人は、少なくても1日に60g以上はタンパク質を摂取した方が良い)

 

しかし!!

このくらいのタンパク質量なら問題ありませんが、筋トレを取り入れて尚且つ断食時間を作るリーンゲインズでは、

毎日食事から摂取するのもなかなか大変な時もあるため、そんな時のタンパク質補助としてプロテインが活躍します。

 

そこで、プロテインはいつ飲むのが効果的か?簡単にお伝えしていきます。

リーンゲインズ中にプロテインを摂取するオススメのタイミング

プロテインを摂取するお勧めのタイミングですが、その前に、

リーンゲインズなどのプチ断食中は、プロテインを摂取してはいけない時間があります。(目的や状態による)

断食時間中のプロテイン摂取は、基本的にはNG!だけど、、、

断食時間中は、基本的にエネルギーとなるものの摂取はしない方がいいため(特に減量中)、

エネルギー源になるプロテインの摂取も断食時間中はNGで、もちろんBCAAもNGです。(目的、やり方によって変わる)

詳しくはこちらにも記載↓

現在作成中

 

上記の記事にも書いたように、

断食時間中のプロテインはエネルギー源になるので、少量でもインスリンは分泌され、

アミノ酸濃度も高まるため、『誘導性オートファジー機能』はストップしてしまい、

プチ断食のメリットでもある細胞のデトックスやアンチエイジング効果も薄まってしまいます。

増量や筋肥大以外の目的でリーンゲインズを実践しているなら、基本的には、断食時間中のプロテイン摂取は控える方がいい。

断食中のオートファジーについてはこちらを参照↓

現在作成中

リーンゲインズ(プチ断食)中にプロテインを飲むのは、断食時間以外の時

プチ断食などのリーンゲインズや16時間断食ダイエット中にプロテインを飲む場合は、

食事をできる時間がオススメで、

1日のうち、

  • 男性なら8時間以内
  • 女性なら10~12時間以内

の、食事をできる設定時間内が、減量やオートファジー機能活性には効果的です。

そのため、プロテインを飲むオススメのタイミングは、リーンゲインズ最中の【断食直後と断食前】です。

なぜこのタイミングが良いのか!?

断食時間後にプロテインを摂取する利点

断食中は体内のグリコーゲンも使用され尽くされオーファジー機能も活性化されているため、

カタボリックが激しくなる前にプロテインの摂取をする事で筋肉量の減少を防ぐ事ができるからです。

もちろん、すぐ食事ができる状態であれば食事でも問題ありませんし、むしろ食事から摂取するほうがいいです。

 

ですが、食事内容でタンパク質量が少ない場合は、食事の前後に飲むのも、血糖値の上昇を緩やかにでき、栄養吸収効率的にも良いためオススメです。

運動直後にプロテインを飲むのもオススメ

運動直後にプロテインを飲むのも、筋肉など身体の修復力も高まり効果的です。

この場合、運動後すぐ飲むのも効果的ですが、6時間以内であれば問題なく代謝機能の向上にも繋がるので、運動後6時間以内に摂取していれば問題ないです。

https://jissn.biomedcentral.com/articles/10.1186/1550-2783-10-53

プロテインを断食時間に入る直前に飲むメリット

これは断食時間中の代謝機能の向上や、これもカタボリックを防ぐ役割にもなります。

タンパク質は身体を作るだけでなくエネルギーとしても利用されるため、

・断食時間中や睡眠中でも代謝機能がしっかりと働けるようにしておける

・食欲を抑えられる

・カタボリックを少しでも減らせる

と言う感じで、

タンパク質を体内に貯めておくためにも、断食直前に飲むと無理なくダイエットすることができるようになります。

ここまでお伝えしてきたのですが、断食時間中に飲んでも良い場合があります!!

最後にそれを少しだけお伝えして終わります。

断食時間中にプロテインを飲んでも良い場合もある

増量や筋肥大以外の目的では、基本的には、断食時間中にプロテインは飲まない方が良いのですが、

断食時間にプロテインやBCAAを飲んでも良い場合(条件)が1つだけあります!!

それが、断食時間中に(空腹状態で)ウエイトトレーニングなど、ハードな筋トレなどをする場合です。

 

ウエイトトレーニングなどの、ハードな運動は、主に糖質をエネルギー源とします、しかし、断食時間の後半くらいになると、

グリコーゲンなどの貯蓄糖質も枯渇してしまい、カタボリック(筋分解)が更新してしまいやすくなります。

 

そのため、しっかりめのウエイトトレーニングやハードな筋トレをする場合は、

断食時間中でもプロテインやBCAAを飲む事が、リーンゲインズでは推奨されています。

 

ただし、それは『食事時間に入る少し前くらいの運動時で、トレーニング後にはそのまま食事をとること』……これが条件となります。

【例】夜21時〜翌日の13時までの16時間断食の場合、、

お昼の11時くらいに、BCAAやプロテインを飲んでトレーニング開始、トレーニング後、そのまま13時くらいに食事をする。

上記のような感じです。

なので、食事時間に入る少し前と、トレーニング後に食事をすると言う事であれば、断食時間中のプロテインはOK!

と言うか、この場合はむしろ推奨されています。

 

  • カタボリックを防ぐ
  • 運動効率も上がり脂肪燃焼効果も高める

と言ったメリットも有り、しっかりとしたウエイトトレーニングをするのであれば、

断食時間中でもプロテインやBCAAをとることで、インスリン分泌によるデメリット部分を上回る効果もあります。(筋合成のプロセスを効率的にする)

リーンゲインズ中にプロテインを飲むオススメのタイミング“まとめ”

・断食時間明け(16時間断食した直後)

・断食時間前(16時間断食に入る直前)

・食事の前後

・食事をしていない状態の運動の前

・運動直後~6時間以内

・ウエイトトレーニングするなら、トレーニング直前

って感じです。

最後に、プロテインの種類について

プロテインには、

  • ホエイプロテイン
  • ピープロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン
  • ミルクプロテイン

と、、、たくさんの種類がありますが、

値段も効果もピンキリで使用用途によっても細かく変わってくるのですが、

とにかくオススメなのは【ホエイプロテイン】です。

これ一択で問題なく利用できると思いますが、

もし何種類か使い分けるのであれば、

・運動の直前

・断食明け(寝起き)

・食事の前後

・運動の後~6時間以内

なら、ホエイプロテイン!

それ以外の、

・断食直前(寝る前)

は、ソイプロテインか、ソイプロテインとホエイプロテインのミックスも効果的になります。

とにかく、難しく考えずにホエイプロテイン一択で問題ないかと思います。

 

だし、たプロテインはあくまで補助として。

できる時は食事でタンパク質を摂取するようにし、

足りなければプロテインも利用して、リーンゲインズや他のプチ断食に役立て、理想とする身体を目指してもらえたらと思います。

>

韓国ドラマ紹介に特化したwebサイト『韓国ドラマNAVI』 ドラマ視聴が息抜きやストレス解消になる人はぜひ参考にしてみてください。 「どんなドラマが流行ってる?」「どんなドラマがオススメ?」そんなお悩みが解決出来るよう作成しています。

CTR IMG